企業説明会とは?参加する心構えについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

企業説明会とは?参加する心構えについて

企業説明会とは?参加する心構えについてご紹介します。
就職活動にあわせて行なわれる企業説明会とは一体どのようなものなのでしょうか。
企業説明会とは単なる企業の説明というだけでなく、様々な意味合いがある説明会ですので、企業説明会とは何かを正しく理解することがスムーズな就活に繋がるといえます。

企業説明会とは説明だけにあらず

windows-14874_640
企業が就活生に対して行なう企業説明会とは、大まかな内容は企業側の会社説明、仕事の説明といったものが多いといえますが、ただ単に企業の説明をするだけの場ではありません。

説明会には必ず会社の役員や採用担当などが顔を揃えていますので、企業説明会とは説明会に参加した就活生をチェックする場でもあるといえます。
そのため就活生のための説明会というだけではなく、企業側にとっても説明会の段階で問題のある就活生ややる気のある就活生などを分けることが出来る場でもあるといえます。

~企業説明会とは説明会に参加した就活生をチェックする場でもある~

そのため説明会での立ち振る舞いなどがその後の就活に大きな影響を与えてしまう場合も少なくありません。
そのためただ単に参加して話を聞いているだけでは説明会に参加した意味がないといえますし、逆に説明会に相応しくない言動や行動は採用担当者の目に止まり要注意人物としてチェックされる可能性もあります。

企業説明会とは自分を査定される場所

企業説明会とは説明を聞く場所ではなく自分自身を査定される場所という認識を持つ必要があります。
そのため単なる説明会だからとラフな格好で参加をしたり、派手な化粧やアクセサリーをつけての参加は言語道断で、そういった見た目も必ずチェックされているといえます。

~企業によっては選考を兼ねている場合も!就活生の自覚を持って参加しよう~

企業説明会とはその段階ですでに就活が始まっていると考えたほうがよいといえますし、企業説明会の段階でまだ遊び気分の場合はまず就活が成功することはないといえます。
そのため企業説明会に参加をする場合には、就活を行なうのに好ましい格好、清潔感のある身だしなみにも注意をする必要があるといえます。
企業によっては説明会後にエントリーシートの提出を行なうなど、説明会をとても重視している場合も少なくありません。
その点も見越して説明会に参加をする必要があります。

企業説明会以外でもチェックされている可能性も

企業説明会とは企業の会社内で行なうことが多いため、会場以外でもその企業の社員の人たちに見られているという認識を持つ必要があります。
そのためいくら企業説明会の会場内できちんとしていたとしても、それ以外の場所での態度が悪ければ必ずそれは企業に見られているといえます。
要するにその企業の会社内にいる限り、会社側のチェックは続いているということになります。

~会場以外でも見られている意識をもつこと!~

そのため企業説明会とは説明会だけに注意すれば言い訳ではなく、それ以外の場所での行動にも自分自身で責任を持つ必要があるといえます。
これは社会人になって他社を訪問したときにも繋がることですので、いかにきちんとした行動が取れるかが説明会参加では重要だといえます。

企業説明会とは社会人としての自分を査定される場所

企業説明会とは企業の情報を知るだけの場所ではないということをしっかりと認識する必要があります。
それが出来ない場合には就活に臨む準備が出来ていないといえますし、企業側に説明会の段階で悪い印象をもたれると非常に就活がやりにくくなります。
そのため企業説明会とは自分を査定される場所でもあるときちんと認識することが重要だといえます。