企業説明会は流れについて知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/09/15更新

企業説明会は流れについて知っておくべきこと

企業説明会は流れについてご紹介します。
企業説明会は就活の中で欠かせないものですが、一方で近年はより効率化がすすめられており、説明会から直接選考会に切り替わるケースも増えています。エントリーシートの提出を求められる場合もあるため、流れを事前に把握することが重要です。

企業説明会の流れ1,履歴書を事前に用意する

laser-972949_640
企業説明会が選考会を兼ねるケースが増えてるのは効率化の流れと言えます。
単独の企業説明会だけでなく、合同説明会でも履歴書の提出を求めるケースも増えており、その場合は事前に複数の会社に渡すための履歴書を書く必要があります。
履歴書が途中で不足する場合などは貴重なチャンスを逃しかねないため注意が必要です。

~企業研究は参加する前にしておくこと!~

選考会を含めた企業説明会の流れは、基本として企業の概要や説明を行い、その後質疑応答となり、その時点で質問などが無ければ通常は説明会が終了し、解散、または選考会と言う流れになります。
そのため、選考会を兼ねていても、説明会の内容が想定と大きくかけ離れていれば参加しない方法もあります。
多くの場合は企業念入りに知られべてからの参加となるため、本命候補であれば選考だけをは受けて帰るのも方法の一つです。

企業説明会の流れ2,事前予告なしの選考会もある

通常の企業説明会と、選考会を含めた流れを説明しましたが、その他にも事前予告なしで選考会になるケースもあります。
この場合は、履歴書まで用意していればそのまま選考会に参加し、履歴書の用意が無ければエントリーシートの提出や、後日郵送などで履歴書の提出を求められる場合もあります。
当然、履歴書があった方が有利になりますが、本命でなければ事前の用意をしないのも方法です。

~手書きで時間がかかる場合は後日郵送する方が得策~

IT関連などで、パソコンでの履歴書の作成、提出を求められる場合は別として、手書きで時間がかかる場合などは後日清書した履歴書を送った方が良い場合もあります。
事前に履歴書を用意していた場合は企業説明会の内容を反映させることは難しいため、流れにのることが最善とは言えない場合もあるのです。
本命の場合は念のため履歴書の準備をしておき、様子を見てすぐ提出か、郵送か考える方法もあります。

企業説明会の流れ3,選考会の規模も内容も企業によりけり

企業説明会の流れから選考会になった場合は、かかる時間や内容も企業によって大きく異なります。
特に、少人数制で限られた人数しか参加しない場合は、面接まで含めた本格的な物になる事も有り得ます。
一方で、大人数の場合はWebテストやペーパーテスト、適性検査などでふるいにかけられるケースが多くなります。

~大人数の場合はテスト・小人数は面接など参加人数によって違う場合も~

どちらにせよ、通常の面接や就職試験を受けるつもりで日頃努力している成果が結果に直結するため、企業説明会の前に一通りの対策を行っておくのが妥当です。
コスト削減の関係から直接選考会に流れる企業も増えていることを踏まえ、前年の選考会の様子などを聞いても参考程度に考える必要があります。
どんな流れでも動じない心構えが重要なのです。

企業説明会の流れの中に予告なしの選考会がある場合も!日頃の積み重ねが重要

企業説明会は事前の予告なしで選考会などに切り替わる事もあり、非常に流れが読みづらくなっています。
一方で、流れが変わっても結果はそれほど動かないため、それぞれの状況対応できる体制を作ればそれほど影響は受けないのです。
どちらでも対応できる事前準備が肝心と言えます。