休職中でもボーナスを受け取るための条件 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

休職中でもボーナスを受け取るための条件

休職中に割り当てられるボーナスの支給額、気になりますよね。
ボーナスは仕事をしている人に支給されますが、休職している人でも支給されるのでしょうか?今では産休は女性、男性でも取得できるような体制が整っている企業も多くなっています。
休職中でもボーナスを受け取ることができるのか以下で見ていきましょう。

休職中にボーナスは支給されるのか

cat-721482_960_720
ボーナスは仕事をしている人に支給されるものですが、休職している人でも受け取ることができるのでしょうか?
現実にはボーナスは支給されないものの、寸志程度の金額を支給している企業はあるようです。
これは会社の規定によりますが今では男性女性問わず休職をする機会が多いため、寸志程度でも支給するところは増えています。

●休職からの復帰を願うための寸志程度の支給がある

ボーナスほどの大きな金額は支給できませんが、会社から早く職場に復帰してほしいという願いもあって、寸志程度の金額でも支給するという傾向にあります。
もちろんボーナスと比べれば金額は大きく下がりますが、それでも従業員を大事にしているという姿勢は真摯にとらえるべきです。
育児のために休職する人もいますが、なるべく早く復帰することが会社への恩返しともなります。

休職中でもボーナスを受け取るための条件1,査定期間中は働く

ボーナスを支給するにはまず査定を行う必要があり、その対象期間中に勤務していれば休職していてもボーナスを支給される可能性はあります。
夏のボーナスが支給されて2か月後に休職をした場合、冬のボーナスの査定期間中に2カ月働いたことになるため、会社によっては規定に基づいて2か月分の働きを評価してボーナスを受け取れることも考えられます。

●休職期間中にボーナスの支給があるかは会社次第!

ボーナスの査定期間が一定時期毎に決められていますが、その期間内に1日でも勤務すればボーナスを受け取れる可能性はあります。
ただし、会社によっては何日以上働かなければいけないというルールもあるため一概には言えません。
各企業の就業規則によって変わりますが、査定期間内に勤務していればボーナスの受給資格はあると考えて問題ありません。
しかし必ず貰えるわけではないため、会社の方針に従う他ありません。

休職中でもボーナスを受け取るための条件2,有給休暇を利用する

有給休暇は従業員に与えられた特権であり、消化しなければならないものです。
文字通り休暇扱いだけども出勤していることになって給料は発生するものですので、働いたと見なされることになります。
そのため、有給休暇と休職を組み合わせた場合はボーナスの支給の対象となる可能性は高くなります。

●会社判断で有給休暇の扱いが変化するので注意!

ただの休職であればボーナス査定の対象から外れますが、有給休暇が査定対象に含まれるかどうかは会社の判断に委ねられることになります。
そのため有給休暇とボーナス査定の関係性を明確にしておく必要があります。
有給休暇は休暇でも給料が発生するため問題ありませんが、その部分のおかげでボーナス査定の対象であるかどうかを見落としがちであるため、しっかりと把握しておくことで損することが無くなります。

休職中のボーナスは寸志程度の金額を受け取ることが可能!

休職していてもボーナスではなく寸志程度の金額を受け取ることができるのが、現代のスタンダードとなりそうです。
また査定期間内の勤務事実があれば、ボーナスが支給されることもあり、タイミングを見計らって休職することがベストかもしれません。
満額を貰える可能性はありませんが、少しでも多くの金額を貰うためにも計画的に休職を申請したいところです。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆