休職中でもボーナスを受け取れるケース | 新卒就活.com

2015/12/16更新

休職中でもボーナスを受け取れるケース

休職中のボーナスについては、基本的に支給されないこととなっています。
休んでいることによって、会社への評価が全く行われないことがあるためです。
ただ休暇を取っている期間に仕事をしていることがあったり、有休として認められている期間があれば受け取れることがあります。

休職中はボーナスは支給されるのか?

cat-323262_960_720

休職中については、会社に出てこないことになりますので、当然のように仕事をしていないと判断されます。
ボーナスというのは、仕事をしている人に対して支給されるものですから、仕事をしていない人には支給されません。会社に籍が残っていたとしても、仕事のできる状態ではなく休職している場合は、ボーナスを受けられなくなっています。

●基本的に休職中の場合は会社に籍があってもボーナスは支給されない

ボーナスとは、基本的に仕事をしていて、その上で会社が実績を上げていると判断されて支給されるものです。
休職中はその状態に該当していないこととなりますので、結局受けることはできなくなっています。
休むことは、ボーナスに影響が出ることと理解しておかなければなりませんが、長期休暇を取っているなら仕方ありません。
病気などで休むようなら、受けられないものとして考えていくことになります。

休職中でもボーナスが貰えるケース1,査定期間に仕事をしていた

休職中となってしまった場合でも、ボーナス査定の時期に仕事をしていることがわかっているのであれば、もらえる可能性があります。
ボーナスについては、査定をする期間が定められていて、この期間に仕事をしている実績などに応じて支給されることとなります。
これがゼロになっていない限りは、出すことが基本とされています。

●ボーナスの査定期間内に仕事をしていればボーナスが支給される可能性も!

もし休職中となってしまった場合でも、その前にボーナスの査定期間内に仕事をしていることがわかっていれば、会社側はボーナスを出すようにしています。
ボーナス査定期間内に1度も仕事をしていないことがわかっていたり、それ以前にマイナスの材料が多くあるなら、出さないことになります。実績として確認できる要素として、仕事に出ている期間が査定範囲にあれば問題は無いのです。

休職中でもボーナスが貰えるケース2,有休を利用する

休むことになったとしても、有休を利用して休職中の期間前に仕事をしているような感じになれば、多少ですがボーナスを出してくれる可能性があります。
ただ微々たる数字となっているので、多くの金額が出てくるとは考えないことです。
有休を利用することによって、一応仕事をしているという計算には加えられることとなり、支払いが行われることもあります。

●有給には限度があるのでボーナスの査定ができる範囲は小さくなる

この有休を利用することには限度があり、休職中という範囲に入る前に利用することになります。
またもらっている日数自体が多くないことから、ボーナスの査定ができる範囲はかなり小さくなります。
そのため会社によっては、有休を利用しても支給されないことがあります。
ある程度の実績が無ければ認められないこともありますが、この方法なら一応支給の対象になることもあります。

休職中にボーナスを受ける場合には有給を利用するか査定期間を過ぎてから休みをとろう!

休職中にボーナスを受けることは難しいとされていますが、休んでいる前に仕事をしていることがわかれば、その期間だけを対象として支給されることがあります。
また有休を活用することで、一応認められることがある点も知っておくと良いです。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆