会社が求める新卒者とは?採用担当者の視点を知る | 新卒就活.com

2016/09/15更新

会社が求める新卒者とは?採用担当者の視点を知る

始めに、新卒の学生さんが就職活動を行う時に、会社の採用担当者は一体どのような視点で選考を進めているのかを知っておきましょう。
面接を行う人物の履歴書や経歴書を受け取った時の印象と自己アピール方法、そして面接に来た人のどのような点に着目して採用の有無を決定するのかについて以下で見ていきましょう。

会社が求める新卒者1,履歴書が正しく記載されているか

personal-96865_640

新卒の方が、会社の採用試験を受ける時に始めなけれがいけないことは、履歴書や今まで自分がどのような勉強に携わってきたかを記す、経歴書の書き方です。
この書き方が正しい方法でないと、面接までいかずに、履歴書を送り返されてしまう場合が有ります。

~WEBサイトを利用して履歴書の添削指導を受けよう!~

新卒の方の場合、初めて履歴書を書く方もたくさんいらっしゃると思います。
会社が最初に受け取る書類ですので、読みやすい文字と、きちんとした内容の物を作成する必要があります。
その為には、インターネットの就活サイトに登録して、履歴書の添削指導を受けることをお勧めします。
基本的内容は添削通りにして、後は自己アピールとして、オリジナリティーを出さなければ採用者の印象に止まるものにはなりません。

会社が求める新卒者2,堂々とした態度

入社希望会社の面接日程の通知を受け取ったら、面接の練習をします。
新卒の方は、各学校でも面接の練習をしてくれる所が有りますので、大いに利用して、ノウハウを習得してから、本番に向かいます。

~模擬面接を繰り返し行う!声を出すことが重要!~

新卒者の場合、面接の練習をきちんとしていても、いざ、会社を訪問してみたら、その雰囲気に圧倒されて、頭が真っ白になって、練習の成果が全く出せなかった、という事が良くあります。
そのような状態を無くすためにも自宅で、声に出して何回も何回も面接の練習をしましょう。
たとえ本番で上がってしまっても、練習した言葉が出てくるようになりますので、声に出す練習はとても重要です。

会社が求める新卒者3,きちんとした身だしなみ

新卒の方が会社訪問する時に注意しなければいけないことについては、以下の通りです。
面接の時に着用するスーツは、無地の黒やグレー、紺系統のリクルートスーツがお勧めです。
流行のブーツカットのパンツや体の線にぴったりしたスーツは、面接官からするとあまり好感が持たれるスタイルではありませんので、オーソドックスな誰からも好まれる印象のスーツやネクタイ、靴、バックなどを選びます。

~ビジネスマナーをしっかり守ること!髪色や髪型にも注意が必要!~

そして、ハンカチやポケットティッシュも忘れずにカバンに入れておきます。
会社訪問の日程が決まったら、髪型や髪の色についても、直しておく必要が有ります。
新卒の方は、学生の間は自由なヘアースタイルですが、入社試験の時は、改めなければいけません。

会社が求める新卒者とは当たり前ができている人!

最後に、新卒の方が会社に試験を受けに行くときに、注意しなければいけないことがあります。
それは絶対に遅刻をしてはいけない、ということです。
当たり前のことですが、予期せぬ事態、例えば電車の遅延などにも備えた時間の調整が非常に重要となります。
遅刻した時点で、社会人としての信用を失いないますので、時間には余裕を持って行動する心構えが重要です。