会社の採用試験に必須!事前対策について | 新卒就活.com

2016/09/15更新

会社の採用試験に必須!事前対策について

会社の採用試験に必須な事前対策について紹介します。
会社の採用試験を受けるにあたり、本格的な就職活動の前に、やっておくべきいくつかのことがあります。
この行動こそが後の書類や面接といった選考に大きく影響するので、けっして軽視せず、早めの実践がのぞまれます。

会社の採用試験に備えた事前対策1,インターンシップに参加すべし!

stairs-8443_640

インターンシップは、実際に働くとどんなことが起きるのか、また、そもそも仕事や会社の仕組みはどうなっているのかといったことを現場体験することで理解でき、学生のうちからいろいろな会社で働ける貴重な機会です。

~イメージではなく会社のリアルを感じることができる!~

会社の採用試験を実際に受ける前にインターンシップを経験しておくと、経験せずにイメージや憧れだけで選考にのぞむ学生とは明らかに差が出ます。
就職活動を本格的にスタートさせると、会社の採用試験を受けるまであっという間に時間が過ぎていきます。
インターンシップを体験することで、業界や会社を知ることができ、自分のプラスとなる知識や経験を増やすこともできます。
早めの段階から体験されることをおススメします。

会社の採用試験に備えた事前対策2,自己分析が重要

インターンシップ後は、本格的な就職活動をスタートする前に、早めの段階から自己分析をされることをおススメします。
自己分析は自己PRにつなげるための強みや長所を探していく作業ですが、大学の勉強のことやサークル活動のこと、アルバイトなどのことを列挙しても強みにはなりません。

~自身の強みが企業でどう活かせるのかを明確にする必要がある!~

会社の採用試験では、その人がその強みを活かしてどんな仕事ができ、将来的に何を目指そうとしているのかが知りたいのです。
そのためには、体験を通じて、どのような課題に対して何を考え、どう行動したかを整理する必要があります。
自己分析は地道な作業ではありますが、会社の採用試験を有効的に受けるためには避けて通れない作業です。ぜひ、実践してください。

会社の採用試験に備えた事前対策3,筆記試験対策は早めに!

大学3年生の冬休みが終わると、試験があって春休みになります。
この時期、学校では新入生のための入試があるため、3月の就職活動本番スタート直前に、ガイダンスを開くことはかなり難しくなります。

~対策は年内のうちから立てておくこと!~

会社の採用試験時期を逆算すると、今後、各大学で本番の前年、年内のうちにガイダンスが開催されることが予想されます。
このガイダンスでも自己分析や応募書類の書き方のコツ、面接対策等は教えてくれますが、春先から何かと忙しくなってくるため、会社の採用試験を見据え、特に筆記試験対策は早めに行うべきです。
筆記試験対策は、就職をサポートするサイト等でもいろいろなコンテンツがあるため、探して利用されることをおススメします。

会社の採用試験に備えた準備はきちんと計画を立て早めにおこなうこと!

このように、本格的な就職活動をスタートする前には、いろいろと行なうべきことがあるのです。
大変だとは思いますが、会社の採用試験を考えると、どれも重要な作業です。
大学3年生のうちなら、比較的時間はある方なので、きちんと事前準備し、有意義に過ごすことをおススメします。