会社合同説明会に参加するメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

会社合同説明会に参加するメリット・デメリット

会社合同説明会に参加するメリット・デメリットをご紹介します。
就職活動を行う上で、会社説明会に参加するのは非常に重要です。
しかし複数の会社説明会を回るとなると時間も労力も必要となるため、現実的には難しいでしょう。
そんな場合に利用すると便利なのが会社合同説明会という説明会となります。

会社合同説明会に参加するメリットとは?

pedestrians-918471_640
会社合同説明会に参加するメリットは、簡単に言えば一つの会場で複数の企業の説明を聞くことが出来るため、時間と労力を最小限に抑えることが可能になると言うことです。
会社合同説明会は同じ業種の企業が集まって行うことがほとんどですので、自分の進みたい業種の会社合同説明会に参加することで、色々な企業の説明を聞くことが出来選択肢が一気に広がるというメリットがあります。

~時間と労力を最小限に抑えて企業を知ることができる!~

同じ業種でも企業ごとに会社の特色や特徴というものがありますから、それをその場で見比べることが出来るのも会社合同説明会に参加するメリットと言えるでしょう。
広く浅く企業の情報を集めるためにも会社合同説明会は効果的と言えますので、特に進路を決めかねている就活生にはお勧めの説明会だと言えます。

会社合同説明会のデメリットとは?

会社合同説明会に参加しても全くメリットがないという場合も少なからずあります。
それはすでにある程度進みたい企業を決めている場合で、その場合は興味の無い会社が集まる会社合同説明会に参加をしても何のメリットもありませんから、ただ時間を無駄にしたというデメリットだけが残ることになります。

~単独での会社説明会ほど詳しい情報を得られない場合も!~

自分の興味のある企業が会社合同説明会に参加している場合でも、合同説明会という形式上単独での会社説明会ほど詳しい情報を得られない場合もあります。
その場合の参加もメリットよりもデメリットのほうが大きくなると言えます。
会社合同説明会はあくまでも多くの就活生に会社のことを知ってもらうことが目的の場合が多いため、より詳しい情報を知りたい場合は単独の会社説明会に参加したほうが良いですし、すでに進路を決めている場合は参加自体無駄になると言えますので全ての人が参加をする必要はないと言えます。

会社合同説明会に参加するべき就活生とは??

会社合同説明会に参加する場合の便利な使い方は、業種は決めているけれど企業を絞り込めていない場合、何となく興味はあるけれど詳しい情報よりもまずどのような企業があるかを知りたいと言った場合に最も効果的に利用できる説明会だと言えます。

~進路に迷っている就活生は参加して情報収集に勤しむべし!~

会社合同説明会の場合、内容は薄いかも知れませんが採用担当者は必ず同席していますし、パンフレットなどを集めて回ればどのような企業があるのかを知ることにも繋がります。
説明会に参加しておくことで顔を覚えてもらうことも出来ますので、後日気になる企業の単独説明会に参加した際のアドバンテージなる場合もあると言えます。
そのため会社合同説明会の利用は情報を広く集めるため、選択肢を増やすための利用が効果的だと言えます。

会社合同説明会とは進路の選択肢を増やすための手段として有効!

以上、会社合同説明会に参加するメリット・デメリットについてご紹介しました。
会社合同説明会と単独説明会ではその内容の濃さが大幅に違うと言えます。
そのため、就活で進路に迷っている場合には会社合同説明会を、進路がほぼ決まってる場合には単独説明会を利用すると時間や労力の無駄なく会社を上手に知ることが出来ると言えるでしょう。