会社説明会から選考の流れに進む実情とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

会社説明会から選考の流れに進む実情とは

近年、会社説明会から即選考会に移るケースが増えています。
企業の採用活動の解禁が後ろ倒れした影響から、採用のためにかけられる時間が大幅に減ってしまい、競争が激化しているためです。
企業と学生と双方が貴重な時間を無駄にしないためにも、事前の準備が重要となっています。

会社説明会後の選考会における実情1,激化する人材確保競争

KAZ85_P7140879-thumb-815xauto-12445

会社説明会を兼ねて選考会を行う企業は多くありましたが、近年ではさらにその比率が高まっています。
会場の確保や資料の作成、配布、人が集中する場合は警備の増強など、説明会には多額の人件費や各種費用がかかるケースもあり、人手や手間、費用削減など、選考を同時に行うメリットが数多くあるのです。また、同じく就活に使える時間の短縮にもなるため、学生もスケジュールの調整が簡単になるメリットがあります。

~学生もスケジュールの調整が簡単になり時間の効率が良い!~

会社説明会にとりあえず行くのではなく、前もってどんな会社か事前に調べ、自分の要望と上手くマッチしているかを調べるのも重要なことです。
そのため、とりあえずで参加する学生をふるいにかけることができ、企業と就職志望者が真剣に向き合う場が整えられると言う側面もあります。

会社説明会後の選考会における実情2,告知無しの場合もある

会社説明会としか記載がなかったため、何の準備も無く気軽に参加したところ、説明会の後にすぐにエントリーシートの提出や筆記試験に移行し、驚いたと言うケースも増えています。
前述のとおり、企業も時間に限りのある中で真剣に就職を希望する人材を探しており、どこまで企業を真剣に考えているか、また、とっさにどれだけ判断が出来るかをテストする場合があるのです。
大切ななのは、会社説明会に参加する時点で、選考を受けているつもりで臨むことです。

~会社説明会=選考という心構えで参加すること!~

説明会の担当者がそのまま試験を行う可能性もあり、姿勢や態度をよく見られている可能性もあるのです。
格好のだらしなさなどで目立ってしまうのは明らかにマイナスです。
会社の説明会で魅力を感じなければ、エントリーシートを書かずに辞退する勇気も必要です。

会社説明会後の選考会における実情3,面接を受けるつもりで挑む

会社説明会の後に即選考会が始まる場合でも、基礎教養の筆記試験や簡単な質疑応答等が行われる場合があります。
実際にその会社に就職した人から試験内容や傾向を聞くことが出来るのが一番ですが、会社も年ごとに試験や質問の内容を変える事はあり得ます。
最終的には今まで積み上げてきた努力や基礎力が問われますが、志望動機や自分の長所と短所はまとめておくことが重要です。

~事前に自己分析や志望動機を考えておくこと!~

基礎的な学力等は簡単に身に着けることは出来ないため、普段の積み重ねが重要ですが、最終的には人の気持ちが重要になる可能性があるのも選考会です。
企業は人と人のつながりで運営されているものであり、テストの結果以上に実際に会話した印象や、人柄が重視される場合もあるのです。
会社説明会で感動したり好感を持った部分を話題に盛り込みながら、志望動機を伝えられれば素晴らしい結果に辿り着けるはずです。

会社説明会後の選考会は珍しくない!事前準備は必須!

選考解禁日の後ろ倒しを受け、会社説明会兼選考会という特徴が多くの企業で見受けられるようになりました。
会社説明会は会社の内面を公開すると言う事であり、働く人や環境に身近に触れられる場です。
直後に選考会に移行したとしても、企業の概要など外面を知った上で挑んだものであれば、内面を知ることでもっと惹かれる場合もあります。
後はその内面に臆せず踏み出す姿勢を見てもらう事が、大きな成果につながるのです。