会社説明会の理想的なスケジュールの組み方 | 新卒就活.com

2015/11/19更新

会社説明会の理想的なスケジュールの組み方

会社説明会の理想的なスケジュールの組み方をご紹介します。
就職活動において会社説明会は会社を知る初めの一歩です。
しかし、スケジュールの組み方によっては就職を失敗する可能性もあります。
また、狙っている会社説明会へ行くにはしっかりとしたスケジュール管理が必要となるのです。

会社説明会におけるスケジュールの重要性とは??

time-488112_640
会社説明会のスケジュールというのは当然、会社の都合によって決定されます。
そのため、各社が同じ日付に会社説明会を行おうとすると、受験者のスケジュールはバッティングしてしまいます。
こういった場合にはどちらかを諦めなければなりません。
より自分の入りたい会社を優先することになります。

●会社説明会の開催回数が多い企業は後回しにする!

会社の中には複数回の説明会を行うところもあります。何日にも渡って説明会を行う会社がほとんどです。
このような会社は就職活動を行ううえでスケジュールを立てる柱となります。説明会の少ない会社を優先し、残った日程を埋めることができるのです。
スケジュールを考えるときには説明会の開催日程を調べておきましょう。

会社説明会のスケジュールを決める際の注意点

上でも述べたように、会社説明会の頻度の低いところへは積極的に出席しましょう。
もちろんその会社へ入りたいということが前提です。
確かにスケジュールだけを考えれば会社説明会の少ない会社というのは優先して出席するべきです。
しかし、それは判断を曇らせる事にも繋がってしまいます。

●効率的なスケジュールを組むことが目的ではない!

会社説明会のスケジュールを組んでいくと「この日は開いてるから出席できる」といった心理になります。
その時は、その企業が本当に入りたい会社なのかどうか、考え直さなければなりません。

ミスマッチな就職はどちらも得をしないのです。
またスケジュールが詰まっていると、志望度の高い会社の説明会へ参加する前に疲労が溜まってしまう恐れもあります。
会社説明会のスケジュールを組むというのは、あくまで望んでいる職場へ就職する手段です。
効率的なスケジュールを組むことを目的としてはいけません。

会社説明会のスケジュールを組む上で大切なこと

就職活動のようなストレスの多い環境においては当初の目的を忘れがちになってしまいます。
そこで改めて自身の就職先について考えると良いでしょう。本当に自分がやりたいこと、実現したいことを叶えられる会社を絞るのです。
会社説明会は多く開かれているので、就職活動をしている身としたら参加したくなるでしょう。しかしその会社に入って自分が何をするのか、ということは良く考えるべきなのです。

~ターゲットを絞ることが重要!志望度の高い企業を優先する~

就職活動を成功させるためには目的を明確にすることが大切です。商売でもそうなのですが、ターゲットを絞るということは重要なことなのです。
そして、その会社説明会のスケジュールは余裕を持たせるべきです。スケジュールには入りたい会社を中心として組むと良いでしょう。
そして空いた時間で、志望度の高い会社に自分アピールするための準備に時間を使うのです。

会社説明会の理想的なスケジュールとは志望度の高い企業を優先して組むこと

以上、会社説明会の理想的なスケジュールの組み方についてご紹介しました。
会社説明会のスケジュールを組む際には真ん中に柱がないといけません。
ただ単に、効率的に会社説明会を回ることが出来るスケジュールを作るのではいけません。
最も自分が入りたい会社を中心として全力を注ぐのが、正しいスケジュールの組み方と言えるでしょう。