優良中小企業に就職したい新卒向け!!いい企業の探し方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

優良中小企業に就職したい新卒向け!!いい企業の探し方

優良中小企業に就職したい新卒向けに、いい企業の探し方を紹介しています。
優良中小企業の探し方・見つけ方について解説しています。
有名ナビでの検索以外の方法も盛り沢山です。
新卒で優良中小企業に就職したい方にはうってつけのページです。ぜひ、参考にしてください!

優良中小企業の”優良”の定義とは?

bsVER88_sumafosoushin15145714
さて、今回は優良中小企業の探し方です。何をもって優良なんだという点ですが、
今回はその”優良”を、有給がしっかりととれて、安定していて、社員が気持ちよく働いていて、というようなざっくりした基準にします。
というよりは、”大企業だけでなく、こんな企業の探し方もあるよ”的なご紹介ができればと思います。タイトルはちょっと盛りました。ただ、あんまり知られていない検索方法を載せるので、優良中小企業が気になっている方は、最後まで見てくださいね。

まずは探し方としてざっくりと「優良そうな」中小企業を見つける

-shared-img-thumb-Green5_bite20141123160246_TP_V
どうしてタイトルに優良中小企業と書いたかというと、”大企業じゃなく中小企業をもっと見よう!”とか”中小企業にもいい企業はたくさんある!”とかテレビでたびたび言われているので、多くの学生が興味を持っているのではと思ったからです。

でも、同じくらいの人が探し方が分からず、「じゃあどうやって優良中小企業を探せばいいの?」と思っているのではないでしょうか。
そもそも中小企業なんて知らないから知っている企業ばかり受けてしまうのではないんですかね??
まぁそんな理由で書いてみました。とりあえず見ていきましょう。

◆探し方の王道編◆

大抵の人が企業を調べる時、リクナビやマイナビを使っていると思いますが、どんな条件で検索していますか??
業界とか職種が多いんじゃないかなーと思うんですが、特殊条件も付けくわえることができるんですよね。
これです。

マイナビ|新卒就活
いろいろな条件で調べられますね。この探し方、今まで使っていなかった人はためしに使ってみるといいと思いますよ!
ちなみに探し方のもう一つの王道、リクナビはこちらになっています。

リクナビ|新卒就活の手引き
中小企業の特徴で探す

マイナビに比べて、若干ベンチャー押しの気がしますね。
この検索は優良企業検索の王道です。
投資家向けサイトから探す
投資家向けのサイトかは正確にはわかりませんが、下記のサイトはいろいろ使えるんではないかなーと思います。

財務分析.jp

データが2011年で止まってしまっているのですが、安定力や収益力で調べると、上場企業4000社から上位企業を引っ張ってきてくれます。このサイトで見つけた企業をリクナビ・マイナビで検索してみるといった方法が使えると思います。

このサイトの良さは、公開情報のデータから安定性や収益性を算出していることです。先ほどのマイナビなどは、どのように安定性をなどを判定しているかはわかりません。公平性がマイナビ等と比べて高いと思います。
また、下記のサイトもグラフで解り易く企業を見ることができます。

ユーレット

ただ、ここは財務分析.jpより難しいのでそこが欠点ですね。ただ、データは新しいです。
次は、上記の検索で見つけた企業の検証です。

具体的に一社一社を見ていこう

students-703001_960_720
次は、上記の検索で発見した企業の個別情報を一社一社見ていきましょう。
この点については、シンプルに就職四季報を購入されることをお勧めします。

就職四季報とは、
会社から掲載料をもらわずに作る客観的な企業の研究本の事。
会社の求める人材、その会社の入社3年後離職率平均年収等、5500社の最新情報が集まっています。
採用実績、残業状況、有給休暇取得状況、30歳賃等、人事に聞きたくても聞けない情報が超盛り沢山です。

中でも「入社3年後離職率」「有給休暇取得状況」の項目は、優良中小を見極めるうえでかなり重要になってくるのではないでしょうか。
※就職四季報の中にも非公開企業も結構あります。

たびたびこのブログにも書いていますが、情報収集は情報源が広告なのかを見極めることが大事となってきます。その点、就職四季報はリクナビ、マイナビ等と比べると、信頼性が高い情報源だと思います。
チェックしてみてはいかがですか?⇒就職四季報
ちなみに僕は、発行元の東洋経済全く関係がありません。

最終チェック!

connect-316638_640
ここまで来たらあとは最終チェックです。
最終チェック、それは、実際に働いている人、もしくは働いていた人の生の情報を収集することです。
説明会での社員懇談会などもいいですが、なかなかリアルなところを聞きづらいし、向こうも言いづらいですよね。
それでは、いくつかサービスを紹介したいと思います。

茶会人訪問

これはリクナビが取り組んでいるサービスですが、「OB訪問受け付けるよ!」と言ってくれている社会人の人を検索することができます。
今だと約750名の方が登録していらっしゃいますね。

次は直接facebookで検索してアプローチしてみる方法です。
facebook|新卒就活の手引き
facebookにログインし、”友達を検索”ボタンを押します。すると上のような画面になりますので、”勤務先”欄に志望企業の名前を入力しましょう。そうすると、志望企業に勤めている人、退職しているがプロフィールに前職の名前を表示している人が検索結果として見ることができます。
この検索を使って、もし見つかったのであればすでに退職している人にアプローチしてみましょう。時間をとってくれるかはわかりませんが、利害関係が薄い分、よりリアリティのある情報が聞けるでしょう。

最後に、優良中小企業の探し方として、最後のサービスのご紹介です。これは一押しです。

carimo

もともと転職会議という中途向けの口コミサイトがあったのですが、転職会議の新卒版に近いサービスです。このサービスは登録することで、働いているor働いていた社員の口コミを見ることができます。

是非是非活用してみてください。

優良中小企業に就職したい新卒向け!いい企業の探し方まとめ

優良中小企業に就職したい新卒向けに、いい企業の探し方をまとめました。
今回ご紹介したサービスを全部知っていた人はまさかいないですよね??
これらのサービスを使って、あなた基準の優良企業を探してみてください。