”入社してどのような社会人になりたいか”と聞かれた時にやるべきこと | 新卒就活.com

2017/08/21更新

”入社してどのような社会人になりたいか”と聞かれた時にやるべきこと

入社してどのような社会人になりたいかと聞かれた時の対処法をお教えします。就職活動の面接でよくある質問、「入社してどうなりたい?」に応えるためのやるべきことは何でしょうか。入社して実現したいこと、将来どうなりたいか、どんな社員になりたいかをぜひ、考えてから選考に臨みましょう。

入社してどのような社会人になりたいかと面接で聞かれることがある!!

今回のテーマですが、僕が就職活動をしていたときにされて一番困った質問、「どのような社会人になりたいか(そして、なにをやりたい?)」について書きたいと思います。
どうして困ったのか、それは入社してからのことが漠然としていたからです。企業を選ぶまでの考えは、自分の中でまとまっていました。
“将来こうなりたいからこういう会社で働きたい”、就活の軸の部分ですね。ただ、入社してからのことは“がむしゃらに働く”という決意どまりでした。
なぜなら、”将来なりたい自分に近づくことができる会社”という条件で企業を選んでいたので、入ったらがむしゃらにやるだけだと思っていたからです。
※僕の就活の軸については、この記事に書いてあります。(気になった方はどうぞ)
面接前に新卒就活生が抑えておくべき3つのステップ

 

ですので、「どのような社会人になりたいか?」「入社して実現したいこと?」「将来どうなりたいか?」「どんな社員になりたいか?」と具体的に回答を求められたときに結構困ってしまいました。
そして、このような質問を面接で受けるケースは多々あると思います。ということで、今回はこの質問に対して、やるべき準備について書いていきたいと思います。

【3年生必見!】OB訪問完全マニュアル<PR>


気軽に行うことができるOB訪問は様々な学生が行うものです。
しかし、どのようにアポイントを取るのかなど悩むことがたくさんありますよね。

キャリアパークではそんな学生に向けたOB訪問完全マニュアルを無料で配布しています。
これからOB訪問の予定のある方、OB訪問をしたいという方に必見の資料です。
是非チェックしてみてください。

そもそもどのような意図で「どのような社会人になりたいか?」と質問しているの?

これについては、すべての採用担当が考えているとは言えませんが、こんな目的で聞いているのではないかなーというものを挙げたいと思います。

1,応募者の思考が自社にマッチするかを見抜くため

2,自社のことをしっかりと調べているかの確認のために

3,入社後の配属の参考に

まずひとつ目の項目ですが、個人的にはこの理由が一番大きいのではと思っています。
学生が自分に合った企業に入社したいと思っているのと同様に、企業も自社にマッチする人材を採用したいと思っています。マッチしていなかったらお互い不幸ですよね。高校や大学でクラス内に仲良しグループができるように、企業にも社風というものがあります。
僕も実際に面接をする側になってからこの質問をするようになったのですが、その心境としては、「この学生が就職先に求めていることをうちの会社は提供できるのだろうか」や「うちの会社に来て力を発揮できるのだろうか」といった理由から、自然と入社後にやりたいことを聞いていたりします。
ふたつ目、みっつ目はシンプルです。志望理由と同じように、入社後のビジョンが曖昧すぎると、本当に入社したいと思っているのか疑問を感じてしまいますよね。

「どのような社会人になりたいか?」という質問をされる前に準備すべき2つのこと

結論から言うと、やるべきことは以下の2つだと思います。

1,先輩社員が取り組む仕事内容の把握

2,応募先企業のキャリアステッププランや制度の把握

まず、”入社したらどうなりたい?(なにをしたい?)”という質問が、就職活動のどの部分になるのかを整理してみたいと思います。
考えの整理|新卒就活の手引き

図を解説していきます。

まず、就職活動をする上でみなさん将来のことを考えると思いますが、”将来こんな自分になっていたい”とか”六本木のおしゃれなオフィスで働きたい”とか、「どのような社会人になりたいか」を考えた上で、それぞれ大切にしている価値観があると思います。

そこから就活での企業選定軸が決まってくると思います”将来キャリアウーマンになりたいから若いうちからバリバリ働ける企業に入社したい”、”六本木に本社のある企業だけ採用試験を受けよう”などなど。これで、就活の軸は決まりましたね。これは就活全体の軸なので、どの企業に行っても話す志望理由は同じです。しかし、この軸からさらに細分化していくと、採用選考を受けている企業それぞれのことになってきます。

そうなると、シンプルですが一社一社をしっかりと調べるということが欠かせなくなってくるのです。

※下の記事の3ページ目でも触れています。
面接前に新卒就活生が抑えておくべき3つのステップ

 

そして、調べたらあとに必要なことは、そこまで深刻にならず、“これがやりたい!”、”こんなことできたらいいな!”ということを見つけるのです。
上の図で言う、”就活の軸”が決まった時点で、みなさんの志望理由は明確です。「就活の軸に合致しているから志望する」と言うだけだからです。


先輩社員が取り組む仕事内容の把握

就活の軸の先は深刻にならずにいいと書きましたが、大きな理由は入社後のことはわからないからです。就活の軸は、今まで人生を歩んできたなかで得た自分ならではの価値観や経験から導き出される部分が大きいですが、具体的な点は働いてみなくては解りません。

“志望理由=就活の軸に合致しているから”、”御社に魅力を感じている理由=~に興味を持ったから”というような流れになると思います。
つまり、就活の軸に合致し、選考を受けている企業一社一社を丁寧に調べることによって、「入社したらどうなりたいか」の答えが見つかります。

一つ目は、”先輩社員が具体的にどんな仕事”をしているかです。具体的に仕事をしっかりと調べることによって、興味のある仕事、そうでない仕事が明確になってくると思いますし、憧れる先輩も見つかると思います。
「現時点では、こんな仕事、こんな先輩にあこがれています」というだけでも、立派な回答になるのです。

応募先企業のキャリアステッププランや制度の把握

二つ目は、どんな制度やキャリアステップが用意されているかを調べることです。
各社とも、社風や考え方に違いを持っているため、キャリアステップのプランや社内制度にかなりの違いがあります。
ここをしっかりと調べることで、入社後に取り組みたいというようなことが見つかりやすくなります。

いくつか例を挙げてみます。
<ソニーのキャリアプラン>
ソニーキャリアプラン|新卒就活の手引き
参照:キャリア開発支援

<日本生命のキャリアプラン>
日本生命|新卒就活の手引き
参照:キャリアパス

このように大抵の企業の採用ページに用意されているので、興味がもてる点を探してみましょう。

「入社してどのような社会人になりたいか」の回答から求めることは企業によって様々

今まで、「入社したらどうなりたい?」という質問にしっかりと答えるために、様々なことを書いてきましたが、どの程度面接の段階で入社後のことを求められるかは企業それぞれです。twitterでこのような質問を受けました。

例えば、A社では「○○事業部へいって▲▲をしたい」と述べると、「視野が狭いから取りたいと思えない、それよりも貴方が大切にしたい価値観を教えてくれない?そこに弊社が合うかどうか知りたいから」と言われました。
また、B社では「BtoBtoCのCから、具体的にやりたい事まで引っ張ってきて!」と言われました。 そこでお聞きしたいのですが、どちらが正解なのでしょうか?

A社では、先ほどの図でいう”就活の軸や価値観”をより知りたいと思っていて、B社でその逆のようですね。
どこまで具体的に話すかは、面接での企業の考え方を見ながら対応していく必要がありそうですね。
今回は、この事例で言うと、ちょうど中間の企業までは通用すると思います。ただ、B社のような企業を受ける時も、今回説明したことをよりやり込むことで対応できると思います。

入社してどのような社会人になりたいかと聞かれた時にやるべきことまとめ

入社してどのような社会人になりたいかと聞かれた時にやるべきことをまとめました。

入社してどのような社会人になりたいか?という質問に対し、企業によって求める答えは様々ですが、ぜひ、十分に対策を練ってから選考に進むようにしましょうね。

それでは今回はこのくらいにしたいと思います。
みなさん、就職活動頑張ってください。