入社式の答辞で好印象を与えるための3つのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

入社式の答辞で好印象を与えるための3つのポイント

入社式で答辞を任されるというのは、緊張するものです。
答辞を読むというだけで印象的になりますから、そこで悪い印象を残してしまうと、ずっとその印象が付きまとうでしょうから。
ここではそうならないように、印象アップにつながる入社式での答辞のポイントを紹介します。

入社式で答辞を成功させるポイント1,1分でまとめる

bloom-2525_960_720
入社式での答辞のポイントとしてまず最初に紹介するのが、一分で終わるようにするということです。
こういう式典での挨拶は、中身云々というよりもまず、長さがきわめて重要になります。
一分以上の答辞は、どうしても長いという印象を持たれてしまい、それだけで印象が悪くなるでしょう。
ですから、必ず一分くらいで終わるように調節していきましょう。

●入社式の答辞は時間を図りながら練習しよう!!

そのためには、時間を図りながら練習していく必要があります。
一分くらいの文量であっても、入社式で緊張していたら、そこから大幅に短くなったり、大幅に長くなったりすることもあります。
ですからそうならないように、普段から時間を意識して練習するのです。そうしていけば問題なく一分で終えられるようになるでしょう。

入社式で答辞を成功させるポイント2,感謝の気持ちを述べる

入社式の答辞で大切なことはあと二つです。そのうちの一つが、感謝の気持ちを述べるようにすることです。
感謝の気持ちを述べるようにすると、小生意気な印象がなくなります。
無難と言えば無難なのですが、誰にも悪い印象を与えることがないので有効なのです。
入社式の答辞では、まず感謝の気持ちを述べる所から入ると良いでしょう。

●入社式を開催する事へ感謝の気持ちを伝えよう!!

感謝の内容としては入社式を開いていただいたことへの感謝、またその入社式でいただいた言葉への感謝、それから入社に至ることができたことへの感謝です。
そういう感謝を伝えていくことで、グッと印象を良くしていくことが出来るでしょう。
入社式の答辞では、このように早めに感謝を畳み掛けていくのがポイントです。

入社式で答辞を成功させるポイント3,熱い気持ちを伝える

印象のアップにつながる入社式の答辞のポイントとして盛り込むべきは、ご指導のお願いです。
これもまた無難なことではありますが、ご指導のおべ買いを伝えることでも小生意気な印象がなくなり、好印象を与えることが可能です。
ですから、「未熟者ゆえわからないこともたくさんあります。これからご指導ご鞭撻の程、是非厳しくお願い致します。」というような内容で締めると良いでしょう。

●早く会社の力になりたい想いを伝えると好印象!!

なぜご指導をお願いしたいかという話につなげるためには、一日で早く戦力になりたいからという内容を付け足していくと、入社式の答辞はなお良くなります。
そういう熱い気持ちを持っていることが分かれば、どんな方でもまず悪い気はしませんから。

入社式で答辞を成功させるコツは一分以内で話せるよう練習すること!

印象アップにつながる入社式での答辞のポイントのご紹介でした。
ここまで読んできていただいてお分かりになっているかもしれませんが、印象アップにつながる入社式の答辞としては、特別なことをするのではなく無難に終わらせることが大切になります。変に目立つよりかはその方がよほど印象アップにつながるのです。