入社式の自己紹介で聞き手に好印象を与えるコツ | 新卒就活.com

2016/02/02更新

入社式の自己紹介で聞き手に好印象を与えるコツ

入社式の自己紹介で好印象を与えるコツをご紹介します。
採用試験をパスしてようたく内定を勝ち取った会社の待ちに待った入社式。
新入社員として初めて社会に出る晴れ舞台です。
そこで自己紹介を兼ねた挨拶を求められる場合もあるでしょう。
まずは自分とはどんな人間なのかを知ってもらう事が大切になってきます。

入社式の自己紹介のコツ1,表情に気を遣う

tie-690084_960_720
入社式には最低限押さえておくべき挨拶の構があります。

●簡単な自己紹介
●入社式を迎える事ができた喜びの言葉
●今後の目標とする働き方
●ご指導を頂きたい旨

これらのことを話しながらも、構成にも気を遣う必要があります。
~口角を上げて爽やかな表情を心掛けよう~

これらを抑えれば当たり障りの無い自己紹介の挨拶ができます。
これだけでも全く問題はないですが、話す際の表情には注意しましょう。入社式は晴れ舞台です。口角を上げてさわやかな表情で臨みましょう。
先輩社員はあなたの挨拶内容を聞いているのではなく、雰囲気や人柄を見ています。
仮に自己紹介がいまいちでも、さわやかな表情で健気な感じであればそれだけで好印象です。
先輩社員は今後あなたと上手く付き合っていけるかを心配して見ています。とっつきやすい後輩のが先輩社員も面倒を見たがりますよね。
話す内容よりも表情を意識して入社式に臨みましょう。

入社式の自己紹介のコツ2,目立とうとしない

入社式だからと張り切って目立とうとする人が中にはいます。
自己紹介の時にウケを取ろうとしたり、大学時代に学んできた経験を長々と自慢げに話す必要は全くありません。
また自己紹介で同期となる人と差別化を図る必要も全くないでしょう。

~2、3分程度でシンプルな内容がベスト!~

基本的に2、3分程度で簡単に自己紹介をするのがベストです。
入社式で求められるのは新入社員らしくフレッシュ感を出して爽やかな印象を残すことです。
しかし自分を覚えてもらう工夫はした方が良いでしょう。例えば大学時代に、

●珍しい経験をしたこと
●本気で取り組んできたサークル、部活
●他の人には無い特技や趣味

こういった内容も織り交ぜれば、誰かが共感してくれてすぐにあなたのことを覚えてくれるでしょう。
無理して話すのではなく、あくまで覚えてもらう為の一工夫という認識でいてください。

入社式の自己紹介のコツ3,謙虚な姿勢

入社式で熱い目標や展望を自己紹介の中で話しても問題ないですが、傲慢な内容は控えておきましょう。
例えば「営業職に配属されたら誰よりも成果を出してすぐに昇進目指して頑張ります」といった様な具合です。
先輩社員がいる前では謙虚で誠実さを持つことが大事です。

~先輩社員から学んでいく姿勢をアピールしよう!!~

あえて挑戦的になるメリットは全くないわけで、むしろ迷惑をかけるつもりくらいのが丁度良いでしょう。可愛げある後輩の面倒を見たくなるものです。
心持ちとしては、「仕事に慣れる為に一生懸命努力していきますが、覚える事に必死で皆様にはご迷惑をおかけしてしまうかと思いますが、至らぬ分ご指導くださいますよう今後ともよろしくお願い致します」という感じでしょうか。割と硬派な自分でいた方が、先輩社員には好印象です。

入社式では謙虚な姿勢で明るく自己紹介をしよう!!

入社式の自己紹介の場では自分の人間性をアピールできる場でもあります。
先輩社員は「どんな新入社員なんだろう?」とワクワクしながら見ています。
差別化を図る必要はありませんのでフレッシュさと爽やかさを前面に打ち出していきましょう。