入社式の謝辞で必ず示すべき3つの姿勢 | 新卒就活.com

2015/12/17更新

入社式の謝辞で必ず示すべき3つの姿勢

入社式の謝辞では、こういう姿勢を示していくべきというポイントがあります。
それをおさえておかないと、いきなり入社式から印象が悪くなってしまうことだってあります。
ここではそうならないように、入社式の謝辞で示すべき姿勢とその方法を紹介します。

入社式での謝辞の述べ方1,謙虚な姿勢をアピールしよう

ludacris-80330_960_720

入社式の謝辞で示すべき姿勢の一つ目として言えるのが、謙虚な姿勢です。
謙虚であるというのは昔からの日本人の美徳です。
外資系の会社に入り、そこの入社式で謝辞を述べるというのであれば、謙虚な姿勢は逆効果かもしれませんが、それ以外の会社での入社式の謝辞であれば、謙虚な姿勢というのは間違いなく良いアピールになります。

●先輩社員に教えを乞うような形にしよう

ではそれをどう入社式の謝辞の中でアピールしていけば良いでしょうか。
それは決して難しい話ではないのです。
「まだまだ未熟で分からないことだらけですので、一日も早く戦力になれるように、何卒ご指導お願い致します」などというように、教えを乞う文言を加えていけばよいのです。それだけで謙虚な自分を表現することができるようになるでしょう。

入社式での謝辞の述べ方2,やる気に満ちた姿勢をアピール

謙虚なだけではただただ頼りないだけで、それでは良い入社式の謝辞とは言えないですよね。
入社式の謝辞で良い印象を与える為には、やる気に満ちた姿勢というのもアピールしていかないとなりません。誰だって後輩にはやる気がある人に入ってきてもらいたいものですし、そういう人の方が可愛く思えるものです。

●憧れと嬉しさを混ぜた感想を伝えよう!

それを入社式の謝辞でアピールするためには、素直にいかに今日この場所に立てていることが嬉しいかということを憧れまじりに語ると良いでしょう。
「ずっとここで働きたいと思っていたので、本日この場所に立てていることが夢のようです。」というように、嬉しさを憧れ混じりに伝えると、間違いなくやる気は伝わりますよね。
文言はいろいろアレンジできるので、自分なりに憧れと嬉しさを伝えてやる気を見せていってください。

入社式での謝辞の述べ方3,感謝の気持ちを伝えよう

感謝する気持ちというのも、入社式の謝辞では見せていくと良いでしょう。
感謝する気持ちを見せていくことで、人としての印象を良くすることができますよね。
誰でもお礼を言われると嬉しいものです。
さらに人がお礼を言っているシーンを見ると、そのお礼を言っている人の印象が良くなるようにもなっているので、二重の意味で印象が良くなるのです。

●入社式や採用活動のお礼を盛り込もう!

それをスムーズに入社式の謝辞に盛り込むためにはやはり、入社式のお礼や採用活動のお礼を言うようにすると良いでしょう。
入社式のお礼や採用活動のお礼なら、謝辞の中にもとてもスムーズに盛り込むことができます。
ですから「本日このような機会を頂戴したこと、心よりお礼申し上げます」「私ども新入社員が本日入社に至るまでに尽力いただいた、すべての先輩方に感謝申し上げます」などといって感謝の姿勢をアピールしてください。

入社式の謝辞では謙虚・やる気・感謝の気持ちを伝えよう!

以上、入社式の謝辞で示すべき姿勢とその方法のご紹介でした。
入社式の謝辞ではこれらの3つの姿勢をアピールしていくとすごく印象がよくなるでしょう。
すごく簡単な方法で盛り込むこともできますし、ぜひ取り入れてみてください。