入社志願書の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

入社志願書の書き方とポイントについて

入社志願書とは、今までの経歴を羅列する履歴書とは違い、その人がどんなことをしてきたのか、どんな考えで入社を希望するのかなどを具体的に確認するためのものです。
採用担当者はその書き方一つで、その人となりが見えてくると言われます。
採用担当者に響く書き方のポイントと知り、その対策をすることが大切です。

入社志願書の書き方1,自身のキャリアを考える

fountain-pen-1053697_640
入社志願書を書くときは、自分のセールスポイントや採用担当者を惹きつけるような書き方をするのが大切です。
じっくりと考えてみて下さい。
就活での自己PRポイントで大切なのは、志望動機になります。
これを自分の中ではっきりさせることが成功への近道になります。
単純に「給料が良いから」などという志望動機ではすぐにその人は仕事をやりたい気持ちでは無いというのが分かってしまいます。

~自分の将来像と企業の未来を照らし合わせること~

まずは、自分が将来どうなりたいのか・この企業で何がしたいのかを明確にする必要があります。
そうすることで、自分の方向性や企業への思いが見えてきます。その方向性や企業への思いが志望動機のカギになります。
ですから、まずは自分のキャリアプランを考えてみましょう。

入社志願書の書き方2,企業の情報収集をする

入社志願書を書く前に具体的に希望の企業の情報収集をする事で、その書き方が見えてきます。
情報収集の方法は次の4つです。

1,企業のホームページを確認する。
その企業を知るためには、まずホームページを探します。そこには企業理念であったり、企業の仕事内容など情報の宝庫です。中でも、採用情報のページには企業が希望する人物像の情報がありますので、何度も何度も繰り返して読んでみることです。

2,企業のパンフレットを確認する
企業によってはパンフレットを作成している会社もあります。会社の案内などがあれば手に入れておくことです。
それは採用者向けではなく顧客向けのもので構いません。その企業が顧客に何をアピールしたいのかが見えてきます。

3,新聞メディアを確認する。
日経紙や経済誌などには、その業界関係の情報が多く載っています。それは希望する企業の情報でなくとも、その業界の情報でもかまいません。その業界ではどのような動きをしているのかを確認する事ができます。

4,現場を確認する
会社訪問などで、その会社を実際にみてきましょう。会社説明会などのセミナーがあれば必ず参加します。
入社志願書の書き方はその会社を知ることで、具体的な志望動機に繋がるのです。

入社志願書の書き方3,志望動機は自分の言葉で

就活においての企業の採用担当者は、志望動機を重要視しています。
そして、その志望動機に書かれていることを面接時で更に詳しく聞いてきます。
そうすることで、その人が仕事ができるのか・できないのかが掴めるのです。
企業の情報収集の大切さはそこにあります。入社志願書の志望動機の書き方で、単純に見本などを書き写したのであれば、それは一目でわかってしまうということです。
だからこそ、しっかり企業を知ることが重要なのです。

~企業の情報を盛り込むことで熱意をアピールできる!~

そうして熱意をもって情報収集していくと、面接での志望動機を聞かれた時でも具体的に受け答えができるようになります。「しっかり調べてその上で志望してきたのだな」という印象と共に、情報収集力などもある事が伝わります。
現代は情報収集ができなければ、仕事ができない人と考えられることが多くあります。
志望動機をしっかり持つことで、入社志願書の志望動機の書き方に困ることもありません。
優秀かどうかよりも、その熱意を伝えることが大切です。

入社志願書の書き方で重要なのは企業の情報を盛り込んだ志望動機!

<
入社志願書の志望動機に悩んでいた方も、だんだんとその書き方が見えてきたのではと思います。
企業の情報収集をしっかりする事・その上で自分が企業でやりたい事を明確にする事ができます。
時間をかけてその熱意を企業にぶつけ、採用に繋がることを願っています。