就活生愕然!入社試験でよく出される作文のテーマ3選 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

就活生愕然!入社試験でよく出される作文のテーマ3選

入社試験では作文が出されることが稀にあります。この作文に対してもしっかり準備しておかないとここで落とされてしまうような事態にもなりかねません。

ここでは、入社試験で出される作文でよくある3つのテーマをご紹介します。

入社試験における作文のテーマ1,「○○年後の自分」

swing-918942_640

まず入社試験での作文のテーマとして、もっとも多いテーマは、○○年後の自分というテーマの作文です。例えば10年後の自分というテーマだったり、将来の目標というテーマだったり、○○年後の自分について語らせるという作文は非常に多いです。

その会社の将来とリンクさせたキャリアプランを書く

将来の目標が分かれば同時に熱意が伝わりますから、そういうテーマの作文を入社試験で用意して、文章力と熱意を同時にチェックしようとしているのでしょう。

このテーマで作文を書く際には、企業研究で得た知識を元に、将来のその会社のことを想像しつつ、その会社での自分について書くようにしましょう。

入社試験における作文のテーマ2,「今までで一番がんばったこと」

1

今までで一番がんばったことというテーマの作文も、入社試験ではよく見られます。そうした過去の体験について作文でのべさせることで、これからもそのように頑張ってくれるかという再現性を見ようとしているのでしょう。

過去の経験から得たものを今後も活かす再現性をアピール

ですから入社試験でこうして過去のことに関するテーマで作文が出された場合には、これからも同じように頑張れることをアピールできるような形で締めるようにすると良いでしょう。「この経験は、この会社のこの部分でも活かしていけると思います。」というような形で再現性をアピールしてください。

入社試験における作文のテーマ3,「理想の社会人」など抽象的な質問

1

入社試験の作文で一番やっかいで意図が分かりづらいのが、「私の理想の社会人」などの抽象的なテーマの作文です。私の理想の社会人などの他には、「理想の働き方」「私が大切にしているもの」などが挙げられます。

もしこういうテーマで作文が出されたら、いくつかのポイントに分けて書くようにして、文章力をアピールすると良いでしょう。

結論→おおまかな説明→詳細説明

「結論・おおまかな説明・詳細説明」の3つの段落に分けて、自分の考えについて説明していくと良い構成になります。文章力をアピールできるでしょう。

このテーマでの入社試験の作文に関しては、文章が論理破綻していなければ、概ね問題はありません。もちろん「できればなるべくサボれるのが理想」などという、社会人としてあるまじき本音は控えてください。分かりやすさにこだわって書きましょう。

まとめ

1

以上、入社試験で出される作文でよくあるテーマのご紹介でした。作文の書き方で忘れてはならないものは、読み手の事を考える配慮です。分かりやすく、読みやすく、丁寧な字で書きましょう。

こうした3つのテーマに関しては、これらのことを参考に1度しっかり作文を作成しておくことをお勧めします。各テーマを1つずつ作成しておけば、本番でもスムーズに筆が進むでしょう。入社試験の作文を突破したければ、ぜひ作成してくださいね。