入社試験で出題される作文の対処法とは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

入社試験で出題される作文の対処法とは

入社試験で出題される作文の対処法をお教えします。入社試験では作文が出題される場合も多いです。

しかし、大学のレポートと違ってなかなか解けずに困っているという方も多いのではないでしょうか。

今後の就職活動をスムーズに進めるためにも参考にしてくださいね。

入社試験の一環として作文が出題される企業もある!!

99d22ef06245a3ce1305ddb23bd28c49_s

就職活動で企業の採用試験を受けた際に、作文が入社試験として出題される場合があります。

この入社試験での作文には企業側の思惑が隠されており、作文の題材をいかに正確に読み取りそれに対する意見を順序立てて自分の言葉にして文章として書き起こすことが出来るかが試されていると言えます。

~入社試験では文章を読み解き書き連ねる能力が見られている!!~

そのため小中学校の感想文のような内容ではまず採用試験に受かりませんし、題材を正確に理解できていない場合も作文としては失敗だと判断されてしまいます。

重要なのは文章を読み解く能力、それを文章として表すことが出来る能力ですので、これは会社に就職した場合のコンペなどの提出、書類の提出などにも繋がるものだと言えます。

入社試験の作文の書き方での注意点1,ですます調

入社試験の作文の書き方は、作文という指定があるため「〜である」といった書き方は基本的には使用しないほうが良いと言えます。

作文の場合、「〜です」といったですます調が基本ですので、〜です、〜と思いますといった締めくくり方で記載していくのが良い書き方だと言えます。

入社試験の作文の書き方での注意点2,語句・漢字の正確さ

それと使用している語句、漢字などが正確で有るかどうかも入社試験の作文ではチエックされています。作文には制限時間が必ず設けられていますし、文字数も指定してある場合が多いため、時間内に指定された文字数内に収められる文章力も試されることになります。

入社試験の作文の書き方での注意点3,題材を把握できるかどうか

入社試験の作文には決められた題材が有る場合がほとんどですので、与えられた題材をいかに正確に読み解けるかが作文の出来が決まる重要なポイントとなります。

題材を正確に読み解けない場合、もちろん作文の内容も企業が考えているものとは大きくかけ離れてしまいますし、そうなると入社試験の作文としては確実に失敗作となってしまいますから、題材を読みそれを理解し自分の考えを述べることができる読解力、理解力、論理的思考なども必要となるでしょう。

ですから作文があると分かっているのであれば、事前の対策は欠かせないものだと言えます。

入社試験の作文の書き方では口調・語句の正確さ・題材把握力が見られている!!

入社試験の作文の内容に必要なのは、題材を読み解きそれを作文内にいかに繁栄できるかがポイントとなります。

その為まず題材についての意見を述べ、その後その題材に対する自分の感想を書き、最後にそれらを論理的にまとめた意見で締めくくるという流れを入社試験の作文内で表現することが必要となります。

ですから最初から題材に対して〜だと思います。〜ではないかと思いますといった感想ばかり書き連ねても、それは単なる感想文となってしまうため、作文ではないという評価になってしまいます。

作文に必要なのは文章を構成できる構成力なども必要となることも頭に入れておく必要があるでしょう。