入社試験で採用される一般常識の内容と対策 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

入社試験で採用される一般常識の内容と対策

入社試験で多く採用される一般常識。
テストが苦手という方でも選考の一環として採用している企業も多いため、勉強が苦手な人達の関門となっているのは間違いないでしょう。
出題される範囲は?レベルは?対策すべきことは?などなど
就活生が気になる一般常識の内容と対策をご紹介します。

一般常識とはどのような試験か?

glasses-272399_640
入社試験で採用されている一般常識の試験ですが、この一般常識とは果たしてどのような内容のものなのでしょうか。
おそらくほとんどの人が一般常識がどの程度のものであるかを把握できていないと思います。

●入社試験は全ての範囲を対策すること!

基本的には国語・社会・英語・文化・時事の文系と、数学・理科の理系が一般常識として出題されるものとなります。
企業によっては英語や理科を出題しない場合もありますが、グローバルな企業の場合は英語、理系の企業の場合は理科はほぼ必須となりますので、入社試験の場合は全ての範囲をまんべんなく対策しておくほうが良いといえます。

一般常識のレベルとはどのくらい?

入社試験の一般常識の試験のレベルは、基本的には中学卒業程度の知識が必要な問題がほとんどです。
文化や時事に関しては日頃からニュースや新聞を読んでいれば問題なく解ける問題ばかりですので、それほどレベルが高いというわけではありません。

●中学卒業レベルの知識があれば問題ない!

一般常識と名前がついているように、中学卒業程度のレベルという必要最低限の知識ということですから、
これが身についていないようでは社会に出て仕事をするうえでの知識も足りていないと判断されてしまいますので、
入社試験での一般常識はその会社に入社して仕事をするうえで必要な知識があるかどうかを計るためのテストだといえます。

一般常識は社会人のスタートライン!

入社試験での一般常識で平均点以上が取れないような状態で試験に望んだ場合、
仮に面接の評価がいくら良くても不採用になる可能性が非常に高いといえます。
そのためいくら面接の対策が万全でも、入社試験の一般常識がまるでダメな人は社会人としてのスタートラインにすら立てていないということになるわけです。

●ビジネスマナーとして入社前に身につけておくこと

仕事を行う上では他社との絡みもありますし、様々な人と仕事をすることになりますから、
一般常識程度の知識がなければ社会人としてのマナーなども身についていないと判断されることがありますので、そういった人材を企業は絶対に採用しないといえます。そのため一般常識の対策も必ず行なう必要があるわけです。

入社試験の一般常識はニュースや問題集をチェックをすればOK!

入社試験の一般常識をクリアするためには、出題される問題を一定以上解けるだけの知識が必要です。
とはいっても中学生程度の知識を有していれば問題なく解けるものばかりですから、
一般常識の問題集などを解いて対策をすれば、入社試験での一般常識に関しては問題ないといえるでしょう。

時事や文化に関してはニュースなどを見ていないとまず分からないものばかりですから、
日頃から日本の政治や文化・経済といった情報に目を向けておく必要があるでしょう。
高得点が取れればそれはそれでよいですが、一般常識に関しては満点を狙う必要はありませんから、
問題集やネットで対策をしておけば大丈夫でしょう。