入社試験における一般常識問題について | 新卒就活.com

2016/09/13更新

入社試験における一般常識問題について

入社試験における一般常識問題についてご紹介します。
入社試験における選考過程で必ずと言ってもいいほど取り入れられているのが筆記試験などの能力検査。
その中でも一般常識に関する問題を採用する企業が多く見受けられます。
ですから一般常識の対策は就活生には欠かせない準備です。

入社試験における一般常識問題とは??

news-760984_640

入社試験で多く導入されている一般常識問題ですが、この一般常識問題とはどのような入社試験なのでしょうか。
基本的には一般常識とは中学卒業レベルの問題で構成されている場合がほとんどです。

~問題のレベルは中学卒業程度!ただし出題範囲が広いのが難点~

問題自体のレベルに関してはそれほど高い物ではありませんし、満点を取らなくても全国の平均点以上得点できれば問題ないとされています。
しかし出題される範囲が広く、国語・英語・社会・時事・文化といった問題に加え、理系の企業の場合はそれに理科と数学も加わりますので、非常に広い知識を求められるのが一般常識問題と言うことになります。

入社試験に必要なの心構えとは?

入社試験で導入される一般常識問題ですが、実際の問題を見てみると社会人でも解けないような問題が非常に多いことに気づきます。
そのため一般常識という名前が付いてはいますが、一般常識ではないような問題も出題されることが多いケースもあります。

~一般常識ではない高度な問題が出題される場合も!事前の対策は必須~

ですから、それほどレベルが高くないなら大丈夫と対策を行わずに入社試験に臨むと、全く一般常識が解けなかったと言うことも考えられるわけです。
そのため各教科ごとに対策を講じる必要がありますし、特に国語に関しては正確な日本語を使用できるのか、敬語などの知識はあるのかでも問題が解けるかどうかが変わってきますので注意が必要です。

入社試験における一般常識問題の対策法とは?

入社試験の一般常識問題で、意外と解けないと言われているのが時事に関する問題です。
この時事問題は世界の情勢や経済に関する問題、日本国内の政治や流通などのニュースなどから幅広く出題されますので、日々注意してニュースなどを見ていないとまず解くことが出来ない問題だと言えます。

~一般常識では時事問題が重要!日々のニュースは必ずチェックすること~

特に学生の場合、あまりニュースを見ないと言う人が多いため、時事問題で苦戦を強いられるケースが多いと言われています。
入社試験の一般常識では、やはり時事に関して無知な場合は、常識が無いと判断されますし、他の教科が良くても時事に関して無頓着だと企業の仕事にも影響してきますので、社会人となるにあたり最低限必要な知識と言えます。

入社試験の一般常識問題には幅広い知識が必要!

入社試験の一般常識問題は、一つの教科だけ突出した知識があるよりは、まんべんなく幅広い知識を有しているほうが合格しやすいと言えます。
そのため入社試験の一般常識問題対策を行うのであれば、全ての教科を同じように対策しなければ意味がありません。
文化や社会に関しては時事に通じるところもありますので、時事と一緒に対策を行えば効率が良いです。
英語は英単語はもちろんのこと簡単な英会話や長文を解読できる程度の知識は必要となります。
そのため一般常識問題集などを活用して一度問題を解いてみて、自分のレベルがどれくらいかを確認して弱い部分を重点的に強化していくと良いでしょう。