入社試験の問題内容と選考突破のための対策 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

入社試験の問題内容と選考突破のための対策

入社試験の問題の内容と3つの対策をお教えします。
就職活動前には入社試験はどんな内容なのか、どうすれば選考突破できるのかを知っておくべきですよね。
就職活動中に、入社試験で引っかかってなかなか先へ進まない人には必見のページです。ぜひ、今後の就活の参考にしてくださいね。

入社試験の問題は大きく分けて2種類

businesswoman-617128_640
就職活動を行なっていると、企業によっては入社試験を実施している場合もあります。

入社試験の問題で使用されるのは大きく分けて2種類です。

~SPI適性検査と一般常識問題の2種類!!~

一つがSPIと呼ばれる適性検査、もう一つが一般常識問題となります。この両方を導入しているということは無くどちらか一方を入社試験として使用している企業が多いため、どちらの方法を導入しているかでその対策方法も大きく変わってくるといえます。

SPIと一般常識の違い、それぞれの特徴、そしてそれに応じた対策を練り前もって問題を知ることで入社試験で躓くことなく問題を解くことが可能になるといえます。

入社試験におけるSPIと一般常識の違いとは?

入社試験で使用される問題で、SPIと一般常識問題の大きな違いとは何でしょうか。

まずSPIは性格診断と適性検査が主な内容となっているもので、基本的はその人の性格と仕事への適正を調べ、人材として必要なのかどうかを判断するテストとなっています。

~SPIは性格診断と適性検査がセット!!一般常識は中学レベルの知識を問う~

SPIは、企業によっては性格診断だけ、適性検査だけというように片方だけを導入している場合もありますが、自己分析をしっかり行なっていないとなかなか突破が難しい問題です。

一般常識は入社試験ではオーソドックスなもので、中学卒業程度の一般常識をテストで判断するものとなります。
基本的には5教科と時事が基本となるため、それぞれの教科の対策が必要となります。

入社試験におけるSPI問題への対策とは?

入社試験の問題でSPIが使用される場合、その対策に必要なのは自己分析をしっかりして自分自身のことを把握できているかどうかということになります。

入社試験の問題でSPIを導入する企業の場合、その企業の業種に適応しているかどうかを非常に重要視しますし、企業の仕事に合わない性格、支障となる性格の人は採用しない傾向が強いといえます。

~SPI試験は事前の自己分析と準備が重要!!~

そのためあらかじめ自己分析を行い自分の性格と適性を知っておかないと、入社試験でSPIの問題を出された場合に思うような結果が出ない可能性があります。

そのためSPIの模試を行なってみたり、自分の適性をしっかりと把握した上で入社試験に臨む必要があります。

入社試験における一般常識問題の対策方法は?

入社試験で出される問題に一般常識を導入している場合、その企業で必要なのは社会人としての最低限の知識とマナーが身についているかどうかということが入社試験の一般常識問題で企業側に計られていると考えたほう通いといえます。

~中学レベルの知識を取り入れておく事!!日々のニュースも確認しよう~

社会人になると他の企業との接触などもありますので、その場で言葉のマナー等が身についていない場合には、会社の顔に泥を塗ることにもなりかねません。

そのため中学校を卒業したレベルの知識などは最低限必要なものですので、それが身についていない人は社会人として採用できないレベルだということになります。

そのため5教科と時事に関しては事前に平均点程度はとれるように一般常識の問題集や日々のニュースなどをチェックして時事を頭に叩き込むなどの対策が必須となるといえます。

入社試験の問題内容とはSPIと一般常識問題!教科書レベルの知識・ニュースを見るのを忘れない

入社試験の問題内容とはSPIと一般常識問題です。一般常識では教科書レベルの知識、SPIではニュースを見るのを忘れないようにしましょう。

今後の就職活動をスムーズに進めるためには、もはやこれは基本です。ぜひ、対策を練りましょうね。