入社試験問題一般常識への対策まとめ | 新卒就活.com

2016/09/07更新

入社試験問題一般常識への対策まとめ

入社試験問題一般常識への対策をまとめました。
入社試験問題一般常識へは、どのように対策するのが適しているのでしょうか。
入社試験問題一般常識への対策の仕方を知らないと、なかなか突破出来ないですよね。突破したい人はかならず確認しましょう。
就活生には必見のページです。

入社試験では一般常識問題対策が大切!!

fcc9f346bf9801a9a12f000c80e7081d_s

就活生にとって就職活動をする上で不安なことはたくさんあるかと思います。
自己分析から履歴書やエントリーシートの書き方、面接対策などさまざまありますが、意外に重要なのは筆記試験。入社試験問題一般常識の勉強は常々やっておかないといざ試験のときにまったく解けなくて散々なことになりかねません。

~勉強法を知ればしっかりと対策ができる~

そんな入社試験問題一般常識の内容は政治経済などの時事や、時には歴史、漢字、会社の業界に関する常識問題が多く、就活生にとってはどのように勉強すれば良いかわからないことが多いことと思います。ここからは入社試験対策の勉強法について紹介していきます。

入社試験問題一般常識への対策1,新聞を読む

新聞を読むように、とさまざまな人にアドバイスをもらうことが多いと思います。
入社試験問題一般常識には新聞で話題になった記事から出題されることが多いのです。
理由は、多くの人の目に触れる新聞からの出題であれば、どの人にも勉強しておくことができ、他の媒体に比べ勉強する上での差が生まれにくいということが挙げられます。

~迷った時には日経新聞を買って読むこと!!~

また、新聞に載っているような大きな事件などは、どの人にも「自分だったらどうするだろう」と考えられるような普遍的なニュースが多く、
入社試験問題一般常識にも使いやすいことが挙げられます。
迷った場合は日経新聞を読んでおけば間違いないでしょう。

入社試験問題一般常識への対策2,参考書を買い繰り返し解く

新聞やネットで検索したり自分で収集した知識は、知らず知らずにうちに自分のなかで選別してしまっていて偏りが出てしまう場合があります。
経済はバッチリだけど地理に対しては不勉強、などです。
その場合はやはり参考書が幅広く入社試験問題一般常識を網羅できていて便利です。

~なるべく早めに参考書1冊を解き終えること~

早めの時期にさらっとでも良いので1冊終わらせておくと、その後本を読むときも、テレビを読むときも情報が頭に入って来やすくなります。
入社試験問題一般常識への対策は、まず時事の基礎固めが大切です。できれば就職活動が本格化する前に参考書を1冊買って、基礎固めをするよう心がけましょう。

入社試験問題一般常識への対策3,友達と問題を出し合う

ここまで新聞や参考書で入社試験問題一般常識についての知識を増やしていく方法をお伝えしました。
最後にもう一つ、勉強に有効な方法があります。それは共に就職活動を頑張る友人と問題を出し合うことです。

~知識に隔たりが出ないように問題を出し合うこと~

先にも述べましたが、入社試験問題一般常識は自分だけで勉強を進めていくと知識に偏りが出てしまうのが問題です。
友人とそれぞれ勉強していて気になったことを、カフェでお茶しながら話すと偏りがなく知識が付けられます。
さらに、一つのニュースに対して自分の意見を言えるようになっておくと後々の面接でもその力が生きてくるかもしれません。
一人で勉強せずに、友人と一緒にやると心強いですね。

入社試験問題一般常識への対策は参考書・友達と問答するのが有効!!

入社試験問題一般常識への対策は1冊の参考書を繰り返し解いたり、友達と問答して知識にムラを作らないことが重要です。

また新聞を読んで、タイムリーな問題にも対応できるようにしておきましょう。一次選考が突破できない就活生はぜひ、これらの対策をしてください。