公務員のボーナスは何ヶ月分?夏・冬にもらえる平均額 | 新卒就活.com

2016/07/06更新

公務員のボーナスは何ヶ月分?夏・冬にもらえる平均額

公務員のボーナスは、だいたい給料の何か月分がもらえるのでしょうか。
公務員のボーナスは高い高いとは言われていますが、実際にどのくらいもらえるかというのはわからないものです。
そこでここでは、ボーナスは何ヶ月分という公務員のボーナス事情について紹介します。

公務員のボーナスは平均すると4ヶ月分出る

economy-816491_960_720
公務員のボーナスは何か月分でるのかということに端的に答えていくと、その答えは、約4ヶ月分ということになります。
ひと月の平均的な給料がだいたい30万円少し程度と考えると、公務員のボーナスは平均して120万ちょっと程度と考えるのが妥当でしょう。それが公務員のボーナス事情になります。

●民間企業ではそこまでもらえないことも多い

大企業であれば話は別ですが、民間企業ではそこまでもらえないということも多いです。
民間企業では、給料の何か月分がボーナスとして支給されるか考えた時、ひと月あるいはふた月程度という会社もとても多いのです。
ですから、公務員のボーナスはもらえている方だと思ってほぼ間違いないと言えるでしょう。

公務員の夏のボーナスは1.8か月分程度

公務員の給料の何か月分がボーナスとして支給されるか考えた時、答えは約4ヶ月分ということになりますが、その4ヶ月分が一度にもらえるというわけではありません。
公務員がボーナスを貰える機会は2回ありますから、4ヶ月分というそのボーナスも、2回に分けて贈られることになるのです。
その2回は何か月分と何か月分に分けられるのでしょうか。だいたい夏は1.8ヶ月分くらいもらえることになっています。

●金額にすると50万程度のボーナス

1.8か月分ということですので、平均的な金額にしていくと、夏の段階で50万ちょっと位の金額を貰えるということになりますね。
それは、一般企業の会社員の通期のボーナスよりも高いということもあるのです。
そこだけみても公務員のボーナスは優遇されていると言えるでしょう。

公務員の冬のボーナスは2.2か月分程度

4ヶ月という公務員のボーナスが、何か月と何か月に別れて支給されるのか考えた時、夏が1.8ヶ月くらいなのですから、必然的に冬は2.2ヶ月になります。
公務員の冬のボーナスは、だいたい給料の2.2ヶ月分くらいということになります。
金額になおしていくと、だいたい70万円前後ということになるでしょう。

●金額にするとだいたい70万円前後のボーナス

公務員のボーナスの支給額は、全体的にふえつつあります。
冬のボーナスの方が高いということには変わりはありませんが、夏も冬もすこしずつではありますが、増えてきているのです。
そういうことも公務員のボーナスが優遇されていると言われることの所以でしょう。
もっとも最近では一般企業のボーナスも増えつつはありますが。

公務員は4ヶ月分のボーナスを2回に分けて支給される!

以上、ボーナスは何ヶ月分という公務員のボーナス事情のご紹介でした。
ボーナスには給料の何か月分もらえると良いかと考えると、やはりたくさんもらえる方が良いに決まっていますよね。
ですから、こうして4ヶ月分もらている上にまだまだ増加傾向にある公務員というのは極めて魅力的だと言えるでしょう。