公務員の再就職を絶対に成功させる方法 | 新卒就活.com

2015/12/17更新

公務員の再就職を絶対に成功させる方法

公務員の再就職を絶対に成功させる方法

公務員を再就職先として考えている方も多いのではないでしょうか?
公務員になるには在学中に採用試験を受けるのが普通ですが、民間企業で仕事についてから再就職するという方法もいろいろと開けてきています。
ここではそのような一度民間企業に就職してから公務員となる方法についてご紹介しましょう。

公務員に再就職する2つの道

leaves-1051937_960_720
社会人から公務員を目指すには大きく分けて2つの道があります。
一つは民間企業に就職してから仕事をやめて公務員試験を受けて再就職する方法です。
これはこれまでもよく行われてきた方法です。今でも、いわゆる第二新卒の中には一定数が公務員への再就職を目指している人たちがいます。
もうひとつは最近多くなってきた公務員の社会人採用です。

●社会人採用枠は転職のように公務員を採用する方法

公務員と一般企業の社会人との意識のずれなどが批判されるようになり、また民間の優れた経験を公務でもいかしたいということから、今までの公務員採用方法以外に社会人からあたかも転職するかのように公務員を採用するという方法をとる公官庁が増えています。
まだ新しい採用方法で枠が小さいですが、年々増えてきているため今後チャンスが広がることが見込まれています。

公務員へ再就職する道1,退職して試験を受ける

民間企業に勤めてからすぐに退職して公務員を目指す人はかなり多くいます。
これは民間企業では自分に合わないと思い公務員に再就職したいと思いたつ人が多いことや、公務員を目指すなら年齢制限からなるべく早めに仕事を辞めたほうが良いためです。
受験に専念できることや、一般的な採用試験を受けるため、情報が多いというメリットがあります。

●第二新卒からの公務員はリスクが大きい!!

公務員には採用に年齢制限があります。上級なら20代、初級なら17歳から20歳程度が一般的です。
職種によっては卒業後2~5年以内と言う場合もあります。
すぐに退職しても、それから公務員試験の勉強を始めるとなると年齢がネックとなります。
また、就職してすぐの退職、続いて勉強のための空白期間が履歴書に書かれると公務員をあきらめて一般企業に再就職するとしても、前の職よりも条件の良い所に採用されるのは難しいかもしれません。

公務員へ再就職する道2,社会人経験者採用

最近では社会人としての経験を積んだ人物を公務員として採用する場合も増えています。
各地方自治体で異なりますが、一般の公務員の採用よりもかなり年齢制限がゆるく、50代で採用される例もあります。
新しい採用方法なので試験対策は少ない情報を探しながら行うことになります。
しかし今の仕事を退職する必要がなく、リスクの少ない普通の転職と同じような再就職の選択肢ととらえることが出来るでしょう。

●難易度や採用方法は千差万別!

社会人経験者採用はまだ新しい制度であることや、それぞれの地方自治体で必要とされる技能などが異なるため、難易度や採用方法は千差万別です。
一般の採用よりも倍率が低いこともあれば、非常に高いこともあります。
通常は採用は教養試験、小論文、面接という採用プロセスをとりますが違うこともあります。正社員でなくても一定の条件を満たせば公務員として再就職できることもあります。

公務員へ再就職するには一般の公務員試験を受ける方法と社会人採用を目指す道がある

社会人から公務員へと再就職するには主に一度退職してから一般の公務員試験を受ける方法と、社会人採用を目指す方法があります。
一般の公務員試験を受けるには年齢制限や退職によるリスクを考えなければなりません。
社会人採用はリスクは小さいですがまだ枠が少なく情報があまり無いという面があります。
公務員を目指すならどちらが自分にとってどちらが良いかしっかり考えて選択するようにしましょう。