公務員の論文対策に必要な3つのポイント | 新卒就活.com

2015/12/16更新

公務員の論文対策に必要な3つのポイント

公務員の論文対策に必要な3つのポイントをご紹介します。
公務員の試験を論文の試験が行われることがあります。
この論文試験に対してもしっかり対策をしておかないと、ここでつまづいてしまうということもあるでしょう。
そうならないためにも、以下で公務員の試験で出る論文への対策方法を見ていきましょう。

公務員の論文対策法1,とにかく読む

gahag-0034803512-1

まず公務員の試験の論文対策として必要なことは、たくさんの論文を読むようにするということです。
たくさん論文を読んでどういう論文が読みやすいのか、どういう論文が良い論文なのかということを見ていかないと、自分が書く論文が良いのか悪いのかということが分からなくなります。
ですから、まずはたくさん読むということが大切なのです。

●悪い論文に対する改善策を考える!

基本的にはやはり良い論文、模範回答とされる論文をたくさん読むべきですが、たまに悪い論文を読んで、どこが悪いのかを確認するのも良いでしょう。
そうすることによりどうしてはいけないのかが分かり、より良い対策となっていきます。
公務員の試験の論文の対策としては、まずはこうしていってください。

公務員の論文対策法2,4ヶ月前から書きはじめる!

そうしてたくさんの論文を読むということが基本の対策です。
ですがただ読んでいるだけではなかなか成長はしていきませんし、何より時間内にまとめる力と、時間内に書ききる力が足りなくなります。
ですから、そうならないように、多少は自分で書く練習をする必要があります。
それを始めるのに最適なのは、公務員の試験の4ヶ月前でしょう。

●週に1本論文を書いていこう

テーマは自分で作ったテーマでも、今までの公務員試験のテーマでも何でもよいので、4か月前になったら週に1本は書くようにしていきましょう。
そうすることで確実に文字を書く力を考えをまとめる力がついていきます。
どういうものが良い論文かというコツは、ここまでの対策で身についているので、ここからは活かす力を身に着けていってください。

公務員の論文対策法3,1ヶ月前からは週に2本書くこと

公務員の試験の4ヶ月前から2か月前までは、そうして週に1本書いていくという対策で十分でしょう。
しかし、いつまでも週に1本ではよくありません。よりスピーディーに良い論文が書けるようになっていくために、最後の1ヶ月では、週に2本論文を書くようにしていってください。週に2本書くと、更に身体と頭が論文になれていきます。

●論文以外の対策に充てる時間も考える!

そうして慣れさせた方が良いなら、週に2本といわず最後の1月は公務員の試験の論文の対策をもっとやった方が良いのではないかと思う方もいるかもしれません。
ですが論文に時間をかけすぎることも良くありません。というのも論文のポイントはそこまで高いわけではないのです。
もちろんあまりにも出来が悪いのは良くないですが、ここまでの対策をやって出来が悪いということはまずありません。
ですから、週に2本くらいが適切になるというわけなのです。

公務員試験の4ヶ月前から良い論文を沢山読んでおこう!

以上、公務員の試験で出る論文への対策方法のご紹介でした。
公務員の試験での論文へは、こういう方法、こういうスケジュールで対策していってください。4ヶ月前以内の時期になっても、暇な時に良い論文は読むようにしていくとなお良くなるでしょう。