公務員試験で好印象を与える自己PR3選 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

公務員試験で好印象を与える自己PR3選

公務員になるために大切なことは、志望動機と自己PRです。
ですから志望動機と自己PRのうち、どちらかが弱いとそれだけで大きなポイントの損失となります。
ここではそうならないように、公務員の試験の自己PRでアピールすべきポイントを紹介していきます。

公務員になるための自己PR1,忍耐力がある

12386685_671029136372785_1886319854_n
公務員は、ちょっと嫌なことがあったからやめますでは務まりません。
公務員は役所で市民に何かを言われて逆上てしまっては大問題になる職業です。
ですから、公務員にとって我慢強さというのは大切な能力となります。ゆえに、公務員になるためには、我慢強さを自己PRするというのがすごく効果的になります。

●理不尽なことがあっても長く続けた経験をアピールしよう!

そうした我慢強さを自己PRでアピールするためには、多少理不尽なことがあっても何かを長く続けてきたという経験からアピールしていくと良いでしょう。
アルバイトでも部活動でもなんでも良いので、なるべくその辛さが伝わりやすいようなエピソードがあるものを話すようにしてください。
そうでないと我慢強さが適切に伝わりませんから。

公務員になるための自己PR2,コミュニケーション能力が高い

公務員になるためには、高いコミュニケーション能力を自己PRするというのも効果的です。
というのも公務員は民間の方と接する機会が多いです。
それなのにそのタイミングでうまくコミュニケーションがとれないようだと、その人が所属する団体そのものの印象が悪くなってしまうのです。
税金を給料としている以上、そうして印象を悪くしてしまうのは良くないのです。
ですから、公務員は高いコミュニケーション能力を求めているのです。

●出所が異なる複数のエピソードを話そう

高いコミュニケーション能力を自己PRしていくためには、いくつかの出所のエピソードを話す必要があります。
複数の出所があるエピソードとは、アルバイトでのエピソードや大学でのエピソードなどということです。
そうすることにより、ある特定の場所でだけコミュニケーション能力が高いというのではないということが伝わり、良い自己PRになります。

公務員になるための自己PR3,勉強熱心である

勉強熱心であるということも、公務員への自己PRとしては意外と有効なことです。
何かをたくさん勉強して自主的に能力を身に着けるという必要はあまりないのが公務員の仕事ではありますが、勉強熱心な人物はえてして真面目て努力家です。
真面目で努力家というのは、どんな類の公務員にも求められることです。ですからそれを自己PRするというのはとても効果的なのです。

●勉強熱心の成果を用意しておく必要がある

ただし、この勉強熱心であるということを自己PRでアピールする際には、実際にその勉強熱心であるという特徴を活かしてどんな成果を得たのかということもアピールしていかないとなりません。
それがないといまいち信憑性がでませんから。
ですから、これをアピールする際には何かしらの成果は用意しておきましょう。

公務員の試験で好印象を与える自己PRは忍耐力・コミュニケーション能力・勉強熱心!

以上、公務員の試験の自己PRでアピールすべきポイントのご紹介でした。
公務員に求められているのは、こうしたことです。
ですからこれらを自己PRでアピールして確実に印象を良くしていきましょう。エピソードから逆算して、一番アピールできそうなものを選んでみてください。