内定がなかなか出ない時に有効な対策3選 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定がなかなか出ない時に有効な対策3選

内定がなかなか出ない時に有効な対策3選をお教えします。
内定が出ない時ってほんとうに苦しいですよね。でも、これを読めばもう安心です。
対策を練っていれば今後の就職活動をスムーズに終えることができます。不安材料を安心に変えて、今後の時間の使い方方も変えましょう。

内定が出ない時の対策1,志望動機で差別化を図る!

3cd19766ad7458de9db2d70b604cfba7_s

内定が出ない時、内定が出ない理由というのは3つの事が考えられます。1つは志望動機が弱いということです。志望動機は面接の中でも最も重視されるところですから、そこが弱いとなると内定が出ないのも仕方ないでしょう。

ではどうしたら強い志望動機になるかというと、それには差別化を図るよりほかありません。

~他の企業はダメでそこに就職するしかないという理由を説明出来るようにしよう~

その企業が良い理由ではなく、他の企業ではだめで、そこの企業にいくしかないという理由を説明できるようにしてみてください。それがきちんと説明できるようになれば内定が出ないという今の状況から抜けだすことも可能になってくるでしょう。

内定が出ない時の対策2,見た目に清潔感をプラスする

なかなか内定が出ない時に考えられる2つ目の理由が、見た目に清潔感がなかったり、見た目の印象が良くないという理由です。

働くうえで見た目というのはすごく大切です。話す前の印象で話の印象すらも左右されてしまうのが社会です。ですから見た目というのは面接ではよく見られています。

~髪型からまず変えて顔の印象を上げよう!!~

そんな見た目で改善できるところがあるとしたら、それはやはり髪型につきます。ほかの部分はなかなか改善できませんが、髪型ならば短時間で改善できますね。

髪型が変わるだけで人の顔の印象は大きく変わり、顔の印象が変わると全体の印象が変わり、全体の印象が変わると話の印象も変わります。ですから、髪型を変えるだけで内定が出ないという状況を打破できることも少なくないのです。

内定が出ない時の対策3,面接中に会話を楽しむ

job-interview-437026_640

内定が出ない時に考えられる3つの理由が、面接中のコミュニケーション不足です。

面接とはコミュニケーション能力を見るためのものです。それを見ないのであれば、機械にでも面接させればよいのです。

それなのに面接をするのは、話してみないと分からないコミュニケーション能力を見る為です。そんな面接で、用意した教科書的な回答しか話さず、コミュニケーション不足となってはいませんか?

~面接以外でも採用担当者に積極的に話しかけること~

もしそうなっていたら、面接中や面接が始まる前、終わった後などに雑談をしてみてください。

たとえば「本日はたくさん面接をされたんですか?」と聞いてみたり、趣味の話が出た時に「同じ趣味の人があまりいないので、ちょっとさみしく思っています。」とか雑談っぽい感想を付け加えてみたりしていくのが有効です。

それがコミュニケーション能力のアピールとなり、内定が出ない状況をうちやぶるカギとなるはずです。

内定がなかなか出ない時には自分の何が悪いのかを考えよう!!

内定がまったく出ないという時、原因となるのはだいたいここで紹介してきた3つのどれかですから、自分がどれが悪いのか、改めて見直してみてください。

・志望動機で差別化が図られていないか。
・見た目には清潔感があるか。
・会話が楽しめているか。

この3つをしっかり見つめなおして、そこを改善していきましょう。もし思い当たる節がなければ、これらすべての事を意識的に試してみてください。

もし今できていると思っていることでも意識的にやってみることで改めてそれがより伝わるようになることもありますし、どれも間違いなくプラスにはなることですから、全てのことに取り組んでみると良いでしょう。そうすれば内定が出ない状況もこれ以上長くは続かないはずですから。