内定の意味を理解する理由 | 新卒就活.com

2015/08/31更新

内定の意味を理解する理由

内定の意味を理解することは就活をするうえで欠かせない事です。
内定はただ、貰って嬉しいだけで済まされる問題ではありません。
内定をいくつも貰うことは嬉しい事ですがその重みを知らないと、企業側にとても迷惑をかけてることに気が付かないままです。

内定を出す意味とは?

ELL88_kazeniodorusakura-thumb-815xauto-15185

就職活動において内定が出ると言うことは、ある意味就活生の就活活動の終着を意味します。
企業側も内定を出したと言うことは、その時点で内定を出した人材を雇い入れる意思があると言うことになりますから、内定が出るという意味は非常に重いものだと考えたほうが良いでしょう。

●内定の意味は非常に重い

しかし内定が出た場合でも、それが第一志望の企業でない場合には、そこが終着になるということは有りませんし、
いくつも内定を貰っている場合には、どの企業を選ぶかという選択も残されていることになります。
そのため内定が出た場合には速やかに返答をして内定を承諾するか、第一志望の内定が出るまで内定の返答を待ってもらうかを決める必要が出てきてしまいます。

内定の意味を深く受け止めましょう

企業から内定が出た場合には、内定を出してくれたと言う意味を深く受け止める必要があります。
内定が出たと言うことは、その企業は自分を必要としてくれている企業ということになるため、
意味を考えた場合には内定承諾の返答を長々と待ってもらうと言うことは出来ないといえます。

●内定承諾後に内定辞退ということも可能ですが、早い段階で内定辞退を申し出る必要がある

もちろん内定承諾後に内定辞退ということも可能ではありますが、その場合には出来るだけ早い段階で内定辞退を申し出る必要があります。
まだ第一志望から内定が出ていないので待ってもらうと言うのは、内定を出してくれた企業に対しても失礼ですし、
第一志望の内定が出たら待ってもらってた企業の内定は断ることになるわけですから、その点も考えて失礼のない対応を心がけなければいけません。

内定辞退をすることは悪いことでは無い

内定の意味を考えた場合、やはり内定辞退をすると言うことは企業に対して失礼にあたると考える人も少なくないでしょう。
確かに自分を評価してくれて内定をだしてくれたという意味を考えた場合、内定が出た企業に就職したほうがよいのかも、
断るのは失礼にあたるかもと考えてしまうかも知れません、重要なのはその企業に就職した場合にすぐに辞めることにならないか、
仕事にやりがいを見いだせるかどうかということです。

●自分の中で納得できなければ内定を辞退する方が良い

内定を断るのは失礼だという理由だけで承諾をしてしまうと、
自分の中で内定を消化しきれないまま就職してしまうことにも繋がりますし、
そういった状態で就職した場合にはまず長続きしないといえます。
そのため内定の意味を考えて、自分の中で納得できない場合は、内定辞退をすることは決して悪いことではありませんし、
納得のいく就活で勝ち取った内定先に就職するほうが、安定してしごとを続けられると言えますので、
妥協はせずに就活を続けるようにしましょう。

内定の意味を知ることで辞退する重みを知っておくべし!

内定の意味を考えた場合、内定がなかなか出ないと言う状況は企業側がその人材を欲していないと言うことに繋がります。
内定とは企業が必要な人材に対しあなたを必要としていますよという回答をくれた、企業が自分を必要としてくれたということですので、
なかなか内定が出ない人は何かしらが足りていないと言うことになります。
そのため内定が出ないと言う意味を考えて、どうすれば企業に欲しいと思われるような人材として見てもらえるのかを今一度再確認する必要があると言えます。
そのためには内定が出なかった企業の傾向などを確認して、自分自身に足りないものを補填してく作業も必要となってくるのではないでしょうか。