内定に対するお礼状の書き方とマナーについて | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定に対するお礼状の書き方とマナーについて

内定に対するお礼状の書き方マナーについてご紹介します。
内定を貰った後に、あなたはどうしますか??
何もせずに残り少ない学生生活を謳歌するか、ちょっとした心遣いで入社後に心置きなく働ける環境をつくっておくか。
お礼状に義務はありませんが、ちょっとした気遣いが入社後のあなたの環境をより良くしてくれるでしょう。

お礼状の書き方1,拝啓と時候の挨拶からはじめる

write-593333_640
内定を頂いたことに対するお礼状は、拝啓と時候の挨拶から書きはじめるという書き方が適切です。
お礼状はきちんとした手紙であるべきなので、そうしてきちんとした手紙のスタイルに準ずるしないとなりません。

●お礼状は手紙!ビジネスマナーを守ること!!

拝啓という言葉や時候の挨拶が文頭に入ると、それだけで誠意が伝わるものですし、カジュアル感もぬぐえます。
だから、そうしたを言葉まず入れるようにすのが内定を頂いたことに対するお礼状の書き方としては適切になるのです。
時候の挨拶は「〜のみぎり益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。」というような定番の物で良いでしょう。
「〜」の部分に入る言葉は季節によって違いますが、時候の挨拶というだけあって、夏・秋などの漢字が入っている言葉を選ぶようにすると雰囲気が出てよいでしょう。

お礼状の書き方2,感謝と抱負を述べる

内定を頂いたことに対するお礼状の書き方として、次に書くべきは、内定を頂いたことに対する感謝と、これからの決意です。
いわばここが本文になりますので、ここからは自分の言葉で思いをつづっていくと良いでしょう。

●本文は簡潔に!長々と書くのはマナー違反!!

ただそれも、あくまでもお礼状ですので、あまり長々と書きつづる書き方は良くありません。
具体的な長さとしては、
「此度は内定を頂きまして大変感謝しております。ずっとそこで働きたいと思っていた会社なので喜びもひとしおです。せっかく頂いた機会を活かすべく、入社までの間に○○にはげみ、入社後すぐに戦力になれるように時間を使っていきたいと思います。」
これくらいで十分でしょう。

お礼状の書き方3,再びの感謝の意と敬具で締める

そこまで記載していけたら、内定を頂いたことに対するお礼状としてあと記載すべきは、再びの感謝の意と、敬具という言葉くらいです。
あくまでも内定に対するお礼の気持ちを伝えるのがお礼状の役割ですから、お礼状の終わりの部分の書き方としては、もう一度お礼でしめるのが適切なのです。

●敬具で締めた後は署名を忘れずに!!

例文をあげると、
「取り急ぎ、感謝の気持ちだけでも伝えたいと思い、書面にてご連絡させて頂きました。この度は本当にありがとうございました。敬具」というような書き方で書いていくと良いでしょう。
敬具でしめた後には、必ず署名を入れるようにしてください。それがないとマナーとして良くないので、最後にはきちんと署名を入れるようにしていきましょう。

お礼状はビジネスルールを守った書き方で速やかに送ることが大事!

以上、内定を頂いたことに対するお礼状の書き方のご紹介でした。
お礼状は、こうした書き方で記載しつつ、なるべく早く送るようにしていきましょう。

ここで送るお礼状は、内定を頂いたことへの感謝の気持ちの表明なのですから、しばらくたってからおくるのでは意味がありません。
しばらくたってから送ってこられてもいまいち嬉しさは伝わりません。
本当にうれしいなら、内定を頂いてすぐに送って、その気持ちを少しでも早く伝えようと思うものですよね。

ですから、お礼状は、これらの書き方でただしく記載するということの他に、なるべく早く送るということも併せて意識してみてください。