内定のお礼状の適切な書き方と注意点 | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定のお礼状の適切な書き方と注意点

内定のお礼状の適切な書き方と注意点をご紹介します。
内定後、あまりの嬉しさに舞い上がってしますのは無理のないですが、まだあなたの就活は終わっていません。
内定後、企業には内定のお礼状を送るのがビジネスマナーとされています。
義務ではないですが、内定への感謝の気持ちを伝えるのは非常に大事です。

内定のお礼状の必要性とは??

thank-you-515514_640
内定のお礼状は必ず出すと決まっている物ではありません。
しかし、これから先お世話になる会社に対して、お互いが気持ちよく働けるように学生であるみなさんから、先に内定のお礼状という形で感謝を伝えることは会社側としても喜んで迎えることはあっても、わずらわしく思われたり損になるようなことではありません。

~内定を貰った翌日には郵送すること!手書きがベスト!!~

内定の連絡をもらった当日か、もしくは翌日といった早い時期に、気持ちが伝わるように手書きで書きましょう。
宛先は採用担当者にします。内定の際に、他に書類のやりとりがあるとの説明を受けるかもしれませんが、特にその提出に合わせる必要はなく、お礼状だけ出しても構いません。

内定のお礼状に必ず書く内容

内定のお礼状の書き始めは「拝啓」「敬具」といった正しい敬語の挨拶からです。
目上の人への手紙になるので「前略」は使いません。
その後、まずは内定を頂いたことへのお礼を述べましょう。
面接で何か印象的なエピソードがあれば、そのことを添えて入社にあたっての決意や目標を添えるのもフレッシュな印象を与えてよいでしょう。

~内定に対する感謝と入社への意気込みを書く!~

例えば資格の取得を目指したり、気を引き締めてこれまで以上に勉学に励むなどポジティブなことを書くのがコツです。
最後に自分の名前を書きますが、この時大学名や学部名もしっかりと書きましょう。
内定者が大勢いる場合、会社側としてもたくさんの内定のお礼状を受け取っているからです。

内定のお礼状を出す時の細かい注意点

内定のお礼状の文例について、ネットで検索するとたくさん出てきますが、自分の表現で書くのが敬語のマナーを守った上で重要です。
採用担当者は、学生とのやりとりでいえばプロですから、自分で考えた言葉なのか、そのままどこからか真似した言葉なのかは文章をみればすぐにわかられてしまいます。

~お礼状がついたかどうかの確認は避ける!企業からのアクションを期待してはダメ!~

内定のお礼状を出したからといって、その後、採用担当者からその件でアクションがあったり、連絡がくる場合の方が少ないです。
採用以外の業務もあるでしょうから、改めて電話などでお礼状がついたかどうかの確認は避けましょう。
内定をもらったことで、ゆったりとその後の学生生活を過ごすことを楽しんでください。

内定のお礼状はビジネスマナーを守る!誠意を見せることが大事

内定のお礼状を出してから、内定式までの間に一般的にはそれほど大きなイベントはありません。
しかし内定は決してゴールではありません。
学生時代と同じような生活はできませんので、悔いのないよう楽しく過ごすか、社会人になってから役立てるような力をつけておくのか過ごし方を、きちんとあらかじめ考えておきましょう。

内定のお礼状を出す時に、将来の充実した日々を過ごす自分を思い描きながら書くと、より気持ちがひきしまるのでないかと思います。
入社にあたって、会社に対して不安が生じたときはきちんと採用担当者にききましょう。
一人で悩むよりもきっといい解決策になりますよ。素敵な社会人生活をおくれますように。