内定の誓約書について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定の誓約書について知っておくべきこと

内定の誓約書について知っておくべき事をご紹介します。
内定誓約書とは、企業が内定者を確保するための「お守り」のようなものです。
企業は採用活動にお金をかけています。そのため当然、企業は内定者に対する扱いは慎重になっています。
そのことを踏まえて内定誓約書について説明しましょう。

内定誓約書とは??

06-55-20-299_640

企業から内定をもらった人の中には内定誓約書や入社誓約書といった書面にサインをし提出を求められる場合があります。
しかしこの内定誓約書とはいったい何のか?
それは、一般的に企業が内定者に正当な理由がない限り当社に入社するというような誓約書になっています。

●企業が内定者を確保するためのツール

企業も採用活動をし時間をかけて内定者の獲得にいたったため、人件費や莫大な経費をつかっています。
つまり企業からすると内定者に既に投資をしているということになります。
内定者が内定を辞退するということは、それまでの投資額を捨てるようなものなので企業も内定者を手放さないように必死なのです。
そのため内定誓約書なるものにサインをさせ、内定者を他へ逃がさないようにしているのです。

内定誓約書にサインをしたら辞退は不可能!?

内定誓約書を書いたあとに内定を辞退したい、なんていうことは珍しくありません。
しかし内定誓約書にサインをしたあとの内定辞退は果たしてできるのでしょうか?

●労働基準法にのっとり内定辞退をすることが可能!

単刀直入に答えを言うと、内定辞退はできます。
この内定誓約書には法的な拘束力はないのです。これは単に、内定者を手放したくない企業がするお守りみたいなものです。
誓約書を出した後の内定辞退は、労働基準法にのっとり解約することができるのです。

労働基準法では、入社2週間以上前から企業に退職の意思を示すと、企業はそれを承諾しなければならないという法律があります。
つまりこれを当てはめると、内定を辞退してから2週間後には、正式に内定解約をしたということになるのです。

内定辞退をすると損害賠償を請求される!?

“内定誓約書にサインをした後に内定辞退をして、損害賠償を請求されたという話が半ば都市伝説化されていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
たしかに損害賠償を請求されたという例が過去にあったのかもしれませんが、基本的に内定を辞退して損害賠償を請求されることはありません。

●損害賠償を請求することは企業側にもデメリットしかない!

いくら採用活動に経費を使っていたとしても、それはあくまで会社が人材を採用するための経費であり、内定辞退者が損害したものとなならないのです。
万が一数十万の損害があったとしましょう。
そこで学生を相手に企業が損害賠償を請求するということは世間的にマイナスイメージを植えつけることになります。
そのため例え実際に損害があったとしても、企業からすると損害賠償を請求するメリットも余裕もないのです。
そのため誓約書にサインした後の辞退であっても、損害賠償を請求されることはないので安心しましょう。

内定誓約書にサインした後でも入社2週間前までなら辞退は可能!!

これまで説明しましたが、入社2週間前であれば原則内定を辞退することは可能です。
しかしこれから社会人になるという意識があるのなら、内定辞退の連絡は辞退が決まったらすぐに行うようにしましょう。
よく内定辞退をしたらコーヒーをかけられたや土下座させられたなんて話もありますが、基本的にはそういったことは起きないので
こわがって連絡を引き伸ばしたりしないことです。

いかがでしょうか?今回は内定誓約書にまつわるお話をさせていただきました。
いくら法的拘束力がないとはいえ、企業も真剣に採用活動をしています。
そのため内定誓約書をたんなる紙切れと思わずに、慎重にサインすることが重要です。

あらかじめ内定辞退が決定しているのなら、サイン前に必ず連絡しましょう。