内定をもらえない人の特徴と対策 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

内定をもらえない人の特徴と対策

内定をもらえない人たちにはある共通の特徴があります。
その特徴を知り、駄目な部分は直し、改善策を考えることで内定獲得のチャンスの可能性は高まることでしょう。
内定をもらえない人から勝ち組へ!ここでは、内定をもらえない人の特徴とその対策をご紹介します。

内定をもらえない人への特徴1,内定がゴールと考えている

woman-850330_640

就職活動を始めて、何度となく面接を受けているけどなかなか内定をもらうことができない。
そんな人は就職活動のゴールを入社することと考えている人が多いようです。
たしかに就職活動は内定をもらうためにするものですが、
内定をもらったあとは就職があり仕事が始まります。

●対策:入社後のビジョンをしっかり持つこと

そのため、仕事が始まってからのビジョンをしっかりと持つ必要があるのです。
内定をもらえない人の特徴としてこのビジョンを持っていない人が多いのです。
仕事をしてからのビジョンを持っていることは、面接の際に重要となる自己PRや志望動機に影響します。
内定をもらえない人は、まず仕事をしてからのビジョンを持ちましょう。

内定をもらえない人への特徴2,会社主体の主張

内定をもらえない人の特徴として次に挙げられるのが、面接のとき受け答えで自分主体ではなく会社主体の人です。
「会社のために頑張りたい!貢献したい!」
そんなセリフを採用担当は建前としてしか受け取ってくれないでしょう。
事実、本気で会社のために頑張りたいや貢献したいといったことを思ってる人はごく一部ではないでしょうか。

●対策:企業側は自分主体な人材を求めている

採用担当が求めているのは、「自分は〜がしたい!そして御社ならそれができるから志望した!」というような人材を求めています。
自分主体で頑張る人の方が、結果として企業に貢献してくれるのです。
内定をもらえない人はまず自分のやりたいことを見つけましょう。

内定もらえない人への特徴3,就職活動は受験ではない

内定をもらえない人の特徴として、就職活動を受験と勘違いしている人が多いようです。
たしかに就職活動においても筆記試験やSPI試験といった試験があり、
さらに採用担当は就活生をなにかしらの方法で採点し、それをもとに内定者を決定していることでしょう。

●就職活動で見られるのは、自分自身という人間

しかし注意して欲しいのが、受験は確かに学力のみで良し悪しが決定されるが、就職活動では様々な価値観で判断されます。
そのためいくら学力のみを向上させても内定をもらえないなんてことはざらにあります。
まずは就職活動は受験とは違いことを認識しましょう。
就職活動で見られるのは、自分自身という人間です。

内定をもらえない人は自分主体の入社後のビジョンを明確にすることが大切

いかがでしょうか?今回は内定をもらえない人の特徴をいくつかご紹介しました。
これまでご紹介してきたことをまとめると、内定をもらえない人は企業目線で物事を考えることが足りないといえます。
就活生の目線と企業の目線はもちろん異なるものなので、自分の目線ばかりで物事を考えていては内定がもらえません。

まずは企業が就活生に何を求めているのか?どんな人材ならば好印象を持つのか?を考えてみましょう。
それは企業により異なりますが、それさえ分かれば内定をもらうことに一歩近づくことができるでしょう。