内定先へ送る近況報告メールに記載すべき内容と失礼のない書き方 | 新卒就活.com

2016/08/02更新

内定先へ送る近況報告メールに記載すべき内容と失礼のない書き方

内定先によっては、内定が決まった後にも近況報告をしないとならないことがあります。
ですが、そんな近況報告はどのようにしたら良いのかわからないと悩む方も少なくないでしょう。
そこでここでは、企業に求められた際の内定先近況報告の書き方を紹介していきたいと思います。

内定先への近況報告の書き方1,授業の進行状況を知らせる

hand-1008102_960_720
内定先への近況報告を求められた際の内定先近況報告書き方としては、まず学業の事について報告していくのが一般的で、かつ適切です。
内定が決まっていても、もし学校を卒業できないなんていうことになっては、意味がありません。
内定を出した方としても、ここまできて大学を卒業出来ないなんていうことになっては、やっかいに思うでしょう。ですからまずは内定先近況報告を書いて企業を安心させましょう。

●現状の単位とこれからの予定を記そう!

その学業の報告の仕方としては、現在取得済みの単位と、どんな授業をとっていて、それはきちんと取得できそうなのかなどを報告していくと良いでしょう。
授業内容などはもちろん記す必要はないので、シンプルに事実だけを記していってください。
近況報告を求められた際の内定先近況報告書き方としてまずいえることは、この通りです。”

内定先への近況報告の書き方2,卒論の進行具合を説明する

大学を卒業する際に必要なのは単位だけではありませんね。
大学を卒業する際には、卒論も必要になります。
ですから、この内定先近況報告書き方としても、卒論の具合について説明するという事が必要になります。どういう卒論を書く予定でそれがいついつに完成する予定なのかということを具体的な日にちを記しながら報告してあげてください。

●具体的に書くことで企業側を安心させる!

その報告は、具体的であればあるほど安心できるのです。もし「卒論も完成すると思います。」とだけ書かれた内定先近況報告と、「○○に関する卒論が、現在○○まで進み、後○○日で完成する予定です。」と書かれた内定先近況報告があったら、明らかに後者の方が完成するだろうという安心感を与えられますよね。
ですから、内定先近況報告書き方としても、後者のように具体的に書いていく必要があるのです。

内定先への近況報告の書き方3,今後の過ごし方を軽く説明する

そこまでかけたら、あと近況報告を求められた際の内定先近況報告書き方として言えることは、今後の過ごし方を説明するということくらいです。
今から入社までの今後の残り時間どのように過ごすかを内定先近況報告で説明してあげると、なんとなく事務的な感じが抜けて印象が良くなるでしょう。
ここは必須ではないのですが、どうせなら書いていった方が良いでしょう。

●入社までの準備を語ると尚良い!!

内定先近況報告で「これから入社までの間にこんなことを身に着けようと努力していきます。」というような、仕事への準備の報告をすると、なおさら印象が良くなります。
ですから、どうせ今後の過ごし方の報告をするのであれば、そのように仕事に関する準備の仕方を報告すると、よりよい内定先近況報告書き方となるでしょう。

内定先への近況報告の書き方で重要なのは卒業できる安心感を企業に与えること!

以上、近況報告を求められた際の内定先近況報告の書き方のご紹介でした。内定先近況報告書き方として大切なことは、しっかり学業についての安心感を与えてあげるということです。
それだけはしっかりして、内定先近況報告をして相手を安心させてあげてください。