内定取り消しにされる2つの理由とは | 新卒就活.com

2016/08/29更新

内定取り消しにされる2つの理由とは

内定取り消しにされる3つの理由とは何でしょうか。

就職活動中には、あまりされたくはない内定取り消し。

一体どんな理由があるのか、内定を持っている方は心配ですよね。選考を突破するためにも、内定取り消しの理由は知っておいた方がよいでしょう。

3つの理由を覚えておきましょうね。

内定取り消しとはどういうことか

girl-56683_640

就職活動の末、無事に企業からの内定をもらったら、あとは学校の卒業を待つのみなのですが、まれに内定をもらった企業から内定を取り消されるという場合があるそうです。

内定取り消しになると、タイミングによっては学校を卒業するような時期になり、就活のやり直しが一気に不利になります。

それでは、どのような理由が内定の取り消しに当たるのでしょうか。

◆内定取り消しの理由1:内定者が犯罪や不祥事を犯した場合◆

一般的によくあるのが、採用した人に問題がある場合です。

企業側が人を採用する時は、大学を無事に卒業する見込みで内定を出すのですが、卒業できなかった場合に内定が解消されることがあります。

そして、病気や怪我などで就労が難しくなった場合や、警察に逮捕されるなどした場合も内定を取り消される原因になります。”

本来は違法な内定取り消し

企業側が学生に内定を出すということは、雇用契約を結んだことを意味します。

内定を一方的に解消するということは、契約を無断で解消することと同じなのです。

本来であれば違法行為となります。

しかし、大学を卒業していなかったり、重い病気や怪我などで働けなかったり、罪をおかして警察に捕まるような行為は、
採用された側に内定の解除にあたる理由があるとみなされ、違法行為とはなりません。

◆内定取り消しの理由2:採用した会社の業績悪化◆

内定を受けた本人に問題があるケースを除いて、内定取り消しが多いもうひとつの原因として、
採用した会社の業績悪化によるものがあります。

採用してから雇用する期間の間に企業の業績が悪くなり、新卒者を雇う余裕がなくなってしまった場合に、
内定が取り消されるケースです。

内定取り消しは労働者の解雇と同じ意味合いになる

労働者に労働契約の解消にあたる理由がある場合を除き、会社の都合で内定取り消しをすることは、労働者の解雇と同じ意味があります。

雇用する側の都合による一方的な解雇が認められないのと同じで、内定取り消しは法律的にも違法です。

企業が業績の悪化という事態を予測できなかったとしても、経営上の理由で内定を取り消すことは、法的にも本来であれば認められない行為です。

◆内定者が内定辞退をする事は法律的には可能!◆

それでは、内定を受けた本人側から企業に対して内定を解消することはどうなのでしょうか。

雇用される側の人は内定を受けた後、内定を解消することは可能です。

企業側が求める契約を解約することとなり、違法行為にはあたりません。

内定取り消しが行われる理由は内定者が不祥事を起こす・会社の業績悪化!

内定取り消しが行われる理由は内定者が不祥事を起こす事と会社の業績悪化です。

このふたつの条件があると、内定を取り消される可能性があります。

しかし、内定者が内定辞退をする場合は、法的には「違法」とはなりません。

両者の違いを踏まえた上で、就職活動を進めて行きましょうね!!