内定受諾のメールの書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定受諾のメールの書き方とポイント

内定受諾のメールの書き方とポイントをご紹介します。
内定通知が届いた瞬間、就活生ならが嬉しくて舞い上がってしまいますよね。
ですが浮かれすぎて、内定承諾のメールを送るのを忘れてしまった!なんて事態になってしまったら、内定は取り消されないものの入社後に気まずい思いをしますよね。

内定受諾するのメール基礎知識

PAK85_coding15095904-thumb-815xauto-18356
人生でこれほどの喜びはないと感じるくらいに嬉しい、内定の通知。
そんな嬉しさ爆発の最中に、絶対忘れてはいけないのが、内定受諾の連絡です。
もう内定をもらったのだから、さぁお祝い!!…ではダメなのです。
その前に必ずしなければいけないのが、内定受諾のお礼の連絡なのです。
これをしておくのと、しておかないのとでは、社会人として、また今後お世話になっていく会社の先輩方の仲間入りを果たす点で、印象が全く異なって来ます。

●遅くても翌日には内定受諾のメールを送ること!!

ではどんな手段でお礼の連絡をするのでしょうか。
最近は内定の通知をメールで出すところがかなり増えて来ました。
その場合はメールで連絡することが出来ます。
他の手段の場合も最近ではメールで連絡可能です。
内定受諾のメールで意識したいのは、すぐに返信することです。出来ればその日の内に、どんなに遅くても翌日中には、メールを送りたいものです。

内定受諾するメールの書き方

では、内定受諾するメールの本文は、どのようなものにすれば良いのでしょうか。
まず宛先の方の会社名、名前を書きます。
そして挨拶を入れながら自分を名乗ります。
次に、内定をいただいた事に対する感謝やお礼の言葉を添えます。「この度は内定のご連絡をいただききまして、大変ありがとうございました」といった感じです。

●入社までの抱負を記載すると好印象!

そして、内定受諾を明記出来ます。
「是非、貴社にて働かせていただきたいと心からかんじております」などと表現できます。
加えて、入社までの残りの期間に対する抱負を述べると良いでしょう。
「入社までの半年間、さらにスキルを磨き、自分の内面をも磨いて、貴社にさらに相応しい人材として入社日を迎えられるよう努力して行きたいと思います。」などで良いでしょう。
そしてまとめの言葉をもう一度感謝の言葉を含め、最後に署名を入れてメールを送信すれば終わりです。

内定受諾するメールの注意点

では、内定受諾するメールを送る際、気をつけたい点はどんな所でしょうか。
一番見逃しがちな点ですが、何よりも「件名」に気をつけるというのがあります。
これも、見落とされがちな点です。件名次第では、せっかく送っているのに、見てもらえず、内定受諾の連絡もして来ない人というレッテルを張られかねません。
そうならないためにも、件名ははっきり分かる仕方で表現したいと思います。

●件名でメールの内容が分かる書き方をする!

では、どんな件名が良いでしょうか。「採用内定のお礼」とか「採用内定下さり大変ありがとうございました」など、シンプルかつ、分かりやすいものが良いです。個々で考えましょう。
後は、署名は最後に持ってくることです。これはメール特有のものですが、見やすさとメールの形式から総合的に考えてこの方が良いとされています。
内定承諾のメールを書く際はこれらに注意したいものです。

内定受諾のメールを作成する際はわかりやすい件名を心掛けること!!

企業からの内定受諾のメールは、すでに採用が決まっているものの、気を抜けない大切ないわば仕事なのです。
内定を通知されたその日からあなたは、その会社の仲間一員なのです。
あなたはそうでなくても、担当者はすでにあなたを仲間と見ており、先輩として関心を払っています。
内定受諾のメールは、その言わば仕事始めでもあるのです。

内定受諾のメールをし忘れるというとんでもない失態を絶対しないようにしましょう。
内定に浮かれすぎていると気が付いた時はすでにかなり日数が経っていたということになりかねません。
その時点であなたに対する印象は、面接での素晴らしい評価を台無しにしてしまうかもしれないのです。
ではそんなことにならないよう、細心の注意を払いたいものです。