内定式に参加する際の服装と髪型のマナー | 新卒就活.com

2016/09/20更新

内定式に参加する際の服装と髪型のマナー

内定式の服装と髪型についてのマナーについてご紹介します。
就職活動とは違って、内定式には服装のルールは厳しく定められていません。
そのためスーツの色や柄だったり、髪の毛は黒か茶色か……などなど悩む方も多いのではないでしょうか?
そんな悩みをここで解消していきましょう!

内定式ではビジネスマナーを守った服装を!

businessmen-42691_640

内定式の際にどういった服装をしたらいいのかと思う就活生が多いと思います。
ここでは、内定式の服装に関して紹介したいと思います。内定式というのは同期の人たちに最初にある機会になるのではないでしょうか。
まず最初に、内定式の際に注意しておくべき点とはいったいなんでしょうか?
最初にそのことについて紹介したいと思います。

身だしなみはその人の第一印象を決める!

社会人しての当たり前のマナーとして、身だしなみや服装などがありますが、こういったものはその人の第一印象を決める大変大切なものです。
特に内定式では人事部や同期の人達と接する機会であるので、注意する点は、相手に悪い印象を与えないようにすることです。
そのためにも、きちんとビジネスマナーを守った服装や髪形を心がけるようにしたいものですね。

内定式にふさわしい男性の服装と髪型

groom-1536233_960_720

さて、内定式の服装は一般的にスーツとなっていますが、内定式というのは立派なビジネスシーンでもあるのです。
フォーマルな場ということもあり、スーツに関してはあまり派手な色合いではないものを選びたいものです。
どういった色の服装をすればいいのか分からない場合は、就活で着ていたスーツを来ていけば安心です。

就活中の時と同じスタイルで行くのが安心

ファッション性を重視したスーツというのは内定式では避け、就活中に着ていた濃紺や黒のリクルートスーツは印象がいいでしょう。つまり、リクルートスーツで充分なのです。

ジャケットの下に着るワイシャツも白がいいでしょう。誠実で身の潔白を表すので、初対面の人に好印象を与えることができます。

ネクタイは、無難な赤や青系統を選び、ストライプ柄か無地が妥当です。

就活が終わったら、一度クリーニングに出してから内定式に着ていくと、すがすがしい気持ちで迎えることができます。また、シワがなくなり、ズボンの折り目もしっかりできるので、どのビジネスマンにも納得してもらえる服装になるでしょう。

髪型は表情が見えるように短くして清潔感を保つ

髪型についてですが、スーツと同じように就活中と同じような髪型でいいでしょう。
ただし、ちゃんと清潔感を意識して、もちろんですが、髪の毛の色は黒が無難でしょう。
前髪や襟足は短く切り、表情がわかる髪型にしておくのがポイントになります。
おでこを出すと、明るい印象に思えたり、隠し事などないとアピールできます。

内定式にふさわしい女性の服装と髪型

working-1219889_960_720

次に、女性にふさわしい髪型や服装について書いてみましょう。
女性に関しては、男性とは違い、髪型や服装に関しての決まりはないようです。
女性の場合も男性と同じで、就活の面接を受けた時の感じが一番いいでしょう。

黒や紺などの色味でできたスーツがおすすめ

スーツの色は、派手すぎずにしたいので、黒、紺、灰色などの色味にした方が安心です。安定感のあるスーツに色合いになるので、ブラウスも基本的に白色がおすすめです。襟の形も情勢には重要な要素になるので、真剣に選びましょう。開襟タイプだと、首元が詰まった印象になりにくく、ブラウスの色が反射して顔色を良く見せてくれます

女性は、パンツでもスカートスタイルでもストッキングは履かなければなりません。内定式は10月に行われることが多いので、タイツなどを履く人は少ないと思われますが、タイツは野暮ったい感じになるので履かない方が賢明です。
色は、肌の色に近いものを選びましょう。また、ストッキングは伝線しやすいので、替えも用意しておいた方が安心です。
スカートは、内定式だからと言って短くするのではなく、膝丈にしましょう。就活で使用していた丈の長さで行けば問題ありません。
また、内定式は、結構歩かなければならなかったり、本社が同じ都道府県でないと移動距離がずいぶんあります。そこも踏まえて、ヒールは低く、底が厚くて歩きやすいものをチョイスしましょう。

女性の場合は暗めの茶髪なら問題ない

女性の場合は、あまり明るすぎる髪の毛の色は染め直した方が安心ですし、髪の毛が長い女性の場合、そのままヘアスタイルを下ろすのではなく、一つにまとめるようにしたいものです。
おでこや耳を出すのを意識したようなものがオススメです。
男性の場合は紙を明るくするのは、避けた方がいいですが、内定式では、女性の場合髪の毛の色が少し位茶色であってもあまり問題ないようです。

私服という指示があった場合はどうする?

girl-983969_960_720

内定式といえば、スーツで行くものと考えがちですが、企業によっては私服を指定する時もあるようです。そんな時は、どのような服装がふさわしいのでしょうか?スーツよりも私服の方が難しいので、恥じないように調べておきましょう。

私服指定の時はスーツは着ていかない

私服指定になっている場合は、スーツで行くことは避けた方がいいでしょう。スーツを着ていけば間違いはなさそうですが、服装が指定されているわけなので、その指示に従った方が無難です。

ビジネスカジュアルな服装がおススメ

内定式は、学生でありながら、社会人への第一歩となる大切な式になります。そのため、「私服でお越しください」と言われても、カジュアルすぎる格好は厳禁です。フォーマルな場でも違和感のない私服で行く必要があります。

男性におススメの私服指定時の服装

ジャケットは私服でも着ていくべきと言えます。色は黒やグレー辺りが無難です。ワイシャツも白、もしくは淡いピンクやブルー系統のものでは許容範囲になります。
ズボンは、スラックスやチノパンなどがオススメです。

女性におススメの私服指定時の服装

女性も男性同様にジャケットを着用しましょう。ジャケットがあるのとないのとでは、やはり雰囲気が変わります。ジャケットの中は、ブラウスかシャツにして、紺、黒、茶などのスカートやパンツを履きましょう。
女性の場合はレパートリーが広いので、どの服装にするか判断に迷いやすいですが、先輩社員の写真などをホームページなでで見つけて、検討してみるのもいいでしょう。

私服指定時のNGな服装

person-918986_960_720

私服はビジネスカジュアルが基本になります。そのため、下記のような服装が避けてください。

・Tシャツ
・ジーパン
・露出度の高い服装
・ミニスカート
・短パン
・サンダル
・ノースリーブ
・ワンピース

上記の服装がカジュアルすぎるため、フォーマルな場である内定式には不向きです。

服装ひとつで、相手に与えるイメージは異なってきます。長く勤めるつもりであれば、最初が特に肝心になってきます。人間関係でやめる人が多い現在を生きる上では、第一印象を左右する服装には注意して内定式へ参加しましょう。

内定式での服装と髪型は就職活動中と同じスタイルがベスト!!

wedding-1031493_960_720

いかがでしたでしょうか。
今回は、内定式に着ていく服装(スーツ&私服)と髪型のマナーに関して紹介しました、 基本的に就活時の服装や髪形で問題ありません。多くの学生が就活時の格好で来てるので、浮く心配もないでしょう。
内定をもらってから、内定式までの間にぜひ一度はクリーニングに出しておきましょう。いつの間にかシミを作っていたり、座りジワなどもできています。シワやシミは見た目を悪くしてしまうので、クリーニングに出してから内定式を迎える方法をおススメします。
身も心も綺麗にして、内定式に参加しましょう。

内定式の印象は新入社員になった時にも続きますので、好印象を与える服装や髪型で内定式に臨むことをオススメします。
最初から目をつけられたり不快な印象を与えたりしてしまう事の無い様に注意してくださいね。

もちろん業界によって違うのですが内定式にふさわしい、オーソドックスな服装や髪型で臨むと良いでしょう。
上で書いたことが、ぜひ就活生が内定式でお役に立てることを祈っています。
ぜひ、どういった服装や髪型をして行けばいいのか分からない時は、以上のことを参考になさってみて下さいね。