内定式のお礼に関する基本的な知識について | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定式のお礼に関する基本的な知識について

内定式のお礼に関する基本的な知識についてご紹介します。
内定式後にお礼をするべきなのか、しなくてもいいのか、就活生の多くが悩んでしまう問題です。
内定通知や内定承諾書とはまた違った内定式後のお礼。
就活生が気を配るべきビジネスマナーの基本、お礼についてご紹介します。

内定式後のお礼はそもそも必要?

cc-library010011163

●内定式後のお礼はすべき?
内定式の後、企業に対してお礼をすべきという話をよく聞きますが、しないよりはするほうがいいでしょう。
お礼はされる側からすると嫌な気はしません。ですので、なるべくお礼をするようにしましょう。

●お礼はいらないと言われたときは?
内定式の際、お礼はいらないと言ってくる企業もあります。
ただ、このような場合でもなるべくお礼をしましょう。
しかしこういった場合は「お礼はいらないと申していましたが」といった旨の言葉を添えましょう。
この言葉を添えないと、単に話を聞いていない人間と思われてしまうからです。

内定式のお礼はいったい誰に?どのように?

●お礼は誰にする?
内定式後、お礼はするのはいいが、いったい誰に送ればいいのかという問題があります。
基本的には企業の人事に向けてお礼をしましょう。
他にもメールアドレスがわかっている人やOB訪問で会った人にお礼をするといいです。
特にメールアドレスのわかっている方には、メールでいいので全員にお礼をするといいでしょう。

●お礼の方法は?
基本的には手紙でお礼をしましょう。その際、パソコンで打ち込んだものよりは手書きのほうが好まれます。
ただ、内定式後に自分がお礼をするより先に企業からメールでお礼が来るとい場合があります。
その場合は、企業に合わせてメールでお礼をしましょう。そのあと、改めて手紙でお礼をするのもいいでしょう。

内定式後に送るお礼の例文

【お礼の例文】
内定式の後のお礼の例文をここでは見ていきます。以下が例文です。

—————————————————————————
平成××年××月××日

××株式会社 人事部 ××様

謹啓

時下ますますご清栄のことと、心よりお慶び申し上げます。
先日は、内定式に出席させていただき、誠にありがとうございました。
皆様のお話は大変勉強になりました。

今後ともご指導のほど宜しくお願い致します。
重ねて感謝申し上げます。

敬具
××大学××学部××学科
××(名前)
住所
電話番号
メールアドレス
—————————————————————————

上記はあくまで最低限の形式です。今後の意気込みや、内定式の様子についてもう少し詳細に触れるのもいいでしょう。

内定式後にお礼状を送るのはビジネスマナー!

内定式が終わったあとは、できるだけ早くお礼をしましょう。
お礼状の書き方や送付は、社会人にとって必要なスキルです。
ですから、お礼状の一つがアピールにもなるのです。

内定式を機にしっかりと身につけるといいでしょう。
ただ形式に沿った手紙だからといって、ネットでコピペをするのはいけません。
形式ばっていて、周りと似たような言葉になりがちだからこそ、自分の言葉で感謝することが重要なのです。
以上が他者との差をつける内定式後のお礼の方法でした。
内定式の後、どういった立ち回り方をすれば、困っている方がいましたら、こちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?