内定式の挨拶で気をつけるべきポイント | 新卒就活.com

2016/09/13更新

内定式の挨拶で気をつけるべきポイント

内定式の挨拶で気をつけるべきポイントをお教えします。
内定式の挨拶で気をつけるべきポイントを知っていれば、就職活動後にも心穏やかに過ごせます。内定式の挨拶で気をつけるべきポイントを知って、志望企業に内定後の時間を有意義に過ごしましょう。就活生は要チェックのページです。

内定式の挨拶で印象が決まる場合がある!!

GREEN_RA20140125500
内定者だけが参加できる内定式は、内定者同士のコミュニケーションや企業との顔合わせといった意味でも非常に大事な式だといえます。

内定式に参加した場合、ほとんどの企業が挨拶(スピーチ)を行なう時間を設けており、その挨拶で印象が決まってしまうこともあります。

~内定が取り消される場合はないが、何を話せば好印象になるのかを考えておこう!!~

そのため内定式の挨拶はとても重要となりますし、何を話せば好印象となるのかを内定式に参加する前に考えておく必要もあるといえます。
とはいっても、内定式の挨拶で内定が取り消されるといったことはありませんから、それほど堅苦しくない内容で挨拶を行なうとよいのではないでしょうか。

内定式で行なってはいけいないNG挨拶とは

OZP88_orenokizugauzukuze500

内定式の挨拶には行なってはいけないNGとなる挨拶が存在してます。

内定式はこれから入社して仕事を頑張ろうという意味合いもある式のため、そのような式でネガティブで後ろ向きな挨拶をしてしまうと入社前なのにも関わらず、暗い印象、ネガティブ思考な人材という印象が内定者の間にも企業側にもついてしまう恐れがあります。

~内定式の挨拶ではネガティブな内容はNG!!~

そのため絶対にネガティブな内容は言わないことが鉄則だといえます。
人の悪口や貶めるような内容も、そういった人間だととうイメージが付くので厳禁です。

中には元気で明るく面白いイメージをアピールしようと内定式の挨拶で笑いを取ろうとする人もいますが、内定式は笑いをとる場所ではありません
もし内定式に社長などの役員が参加している場合には、印象が最悪ということにもなりかねませんので、場の空気を呼んで挨拶を行ないましょう。
内定式は、もう学生でいていい場所ではありません。社会人として振る舞わなければならないのです。

お偉いさんがいる時こそ真面目な印象を与えなければ今後に響く

特に社長や役員が出席している場合は、悪い印象を与えてしまうと昇進や昇給などに問題が発生する可能性も考えられるので、ふざけることは避けた方が賢明です。
第一印象は、意外にも根強く残ってしまいます。それを取り除くためには相当の努力が必要になってくるので、無駄な手間をかけないためにも内定式には真剣な姿で臨み、いい印象を社長や役員に植えつけましょう。

内定式での適切な挨拶とは?

cc-library010008398
内定式の挨拶で、NGなものは分かりましたが、実際にクリアできる挨拶とはどのようなものなのでしょうか?

内定のお礼と入社後の意気込みでOK!

内定式での挨拶にはそれほど多くのものは求められてはいません。そのため内定式での挨拶では、内定を貰ったことへのお礼と入社してからの意気込みを語る程度で十分な内容だといえます。
一人の持ち時間もとても短い場合がほとんどですから、気負わず前向きな内容で挨拶をすればOKだといえます。

ポジティブシンキングで簡単な決意表明をしよう

新卒は、入社後の期待と不安がない交ぜになっていますが、ポジティブなイメージを持ってもらうことが何よりも今後大切になってきます。そのため、発言も「頑張ります!」「新入社員のなかで1番の売り上げを作ります!」と言ったように、ポジティブな発言にして、ちょっとやそっとのことではへこたれません!という姿勢を見せておきましょう
近年の新卒は打たれ弱いというイメージを社長や先輩社員は持っていると言われています。そのイメージを払拭するためにもポジティブな人間であることを証明しましょう。

また、入社後に”期待ができる”が人材と認知してもらうに、決意表明も含めて挨拶をすると尚いいでしょう。

なにを言ったらいいか分からないときは、もし自分が先輩社員で新入社員になんて言われてたら、嬉しいか、期待できるかを考えながら挨拶文を考えると答えがみえてくるのではないでしょうか。

内定式で新卒者の挨拶代表になったら何をいえばいいの?

theatre-430552_960_720

内定式では、新卒者のなかから代表者が選出されて、社長や社員に挨拶を述べます。その代表者に選ばれた場合は、通常に個人の挨拶とは形式が異なるので、それなりの文章などを考えなければなりません。

~入社後のやる気や内定者一丸となって会社に貢献するといった内容を盛り込む~

内定者代表としての挨拶の場合には、持ち時間も長くなりますし、それなりに内容のある挨拶が必要だといえます。
挨拶する際に盛り込むべき内容は、内定者を代表としてのお礼、入社した際のやる気、そして内定者全員が一丸となって会社に貢献する意気込みです。

代表者を務める場合は、決してふざけてはいけません。他の真面目な新卒者の顔にも泥を塗ることになるので、自分の言動が全ての新卒者のイメージに繋がることを忘れないでください。

内定式の挨拶で気を付けるべきポイントは好印象になる事柄を話し、簡単な決意表明を行うこと

bouquet-1463378_960_720

内定式の挨拶で気を付けるべきポイントは好印象になる事柄を話し、簡単な決意表明を行うことです。
近年の新卒者は、自分に自信がなかったりしてネガティブな発言が目立つようです。社長や先輩社員は、どんな後輩が入ってくるのか楽しみにしていたり、脅威に感じていたりします。そういった人たちの期待を裏切らないためにも、ポジティブな発言を心がけましょう。

ぜひ、内定式の挨拶で迷うことのないように記事を参考にして挨拶を考えて行きましょう。今後の参考にしてくださいね。