内定式の案内状の重要性と到着後の対処法 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

内定式の案内状の重要性と到着後の対処法

企業の採用試験に合格して内定を貰えた場合、企業側から内定者だけに内定式の案内状や案内の連絡があると思います。この内定式の案内状や案内があった場合、内定者はどのような対処をすれば良いのでしょうか。内定式の案内状に返事をすることの重要性を考えてみましょう。
 

内定式の案内状の重要性とは

1024-cc-library010001288

企業から内定者のみに送付や連絡がある内定式の案内状や案内は、単なる式の案内というわけではなく、内定者が本当に企業へ就職する気が有るのかどうかを確かめるための案内でもあります。
その為内定式の案内状が届いた場合には必ず何らかの返答を行う必要がありますし、よほどの理由が無い限り案内状への返答は出席するという返答にする必要があると言えます。

~案内状への返事は必須!!欠席は承諾する気がないとみなされる可能性大~

内定式への参加はその企業の一員となるための第一歩です。
企業によっては内定式で内定承諾書へのサインを行うこともあります。
なので、内定式への案内状を無視して参加しなかったり、特に理由もないのに内定式に参加をしないと言う行為は、企業に対して内定を承諾する気がないと見なされても仕方がない行為だと言えます。その為内定式の案内状には必ず返答をする必要があると言えます。 
 

内定式の案内状への返信方法とは

企業から内定者へ送られる案内状や案内は、封書で送られる場合や電話で連絡がある場合、メールで送信される場合などその方法は企業によって様々だと言えます。
そのため案内状や案内の方法がどのような方法かに合わせた返答を行う必要があると言えます。

~企業からの指示がある場合にはそれに従うこと~

まず封書での案内状の場合、基本的には中に同封されている返信用のはがきや封筒を使用して案内状への返答を行うことになります。
電話の場合は電話での返答を、メールの場合はメールでの返信が基本でありマナーだと言えますので、自分の元に届いた案内状がどの方法だったのかをしっかりと把握してそれぞれの方法に適した返答を行うようにする必要があります。
ただし封書の場合は返送した場合に企業へ届くまでのタイムラグが考えられますので、返送が遅れた場合には電話で担当者へ参加の有無を伝えておくと言う気遣いも必要になるでしょう。 
 

内定式の案内状への返事のマナーとは

企業から内定式の案内状が届いた場合の返答に関しては、基本的に案内状を貰った本人が返答をするのが最低限のマナーだと言えます。
特に電話での内定式の案内があった場合、自分がいない時にかかってくることも考えられますので、もしかかった場合に返答をお願いしておくと言う行為は、企業に対して非常に失礼になります。

~早朝・深夜への返答は失礼になる!!~

その為必ず後からかけ直すことを伝えてもらうようにして、自分自身で返答を行うようにする必要があります。
それとメールや電話での返答に関しては、企業が営業をしている時間帯に電話やメールをするのが基本となります。
電話の場合は忙しい時間帯を避け、メールの場合も早朝や深夜に返答をすることは失礼になることをしっかりと自覚して、営業時間中に見てもらえる時間帯に返答をするように心掛けましょう。 

内定式の案内状はとても重要!!かならず即座に返信すること

内定式の案内状への返答や返信は、自分の将来を決めることになる大事なことだと言えます。
その為放置しておくとか返答を忘れていたと言ったことが無いようにすることはもちろん、返答する場合もマナーに則った返答を行う必要があると言えます。返答次第で企業に与える印象も変わることをしっかりと把握しましょう。