内定後に提出が必要な書類について | 新卒就活.com

2016/09/05更新

内定後に提出が必要な書類について

内定後に提出が必要な書類についてご存知ですか?
内定後の書類というのは、つまり入社するのに必要な書類でもあるということです。
内定承諾書に記載されている場合が多いので、必ず目を通すようにしましょう。
書類不足で入社できないなんて最悪なケースは絶対に回避しましょうね。

内定後に提出する書類とは??

old-letters-436503_640
企業の採用試験に合格して内定が決まった場合、その企業に対して提出が必要な書類がかなりたくさんあります。
書類の種類に関しては企業から送られてくる内定通知書に記載されている場合がほとんどで、内定承諾書と一緒に返送するか、もしくは入社時に提出するかになります。

●提出の必要がある書類は内定通知書に記載されている

この書類は企業が内定者の身元を確認するために必要となりますし、新卒者の場合にはその書類を元に社会保険証などの手続きも行なうため提出をしないと企業で働くための手続きが出来ない場合もあるため、支持された書類は必ず提出をする必要があるといえます。
企業によって提出書類も変わりますので、自分の内定した企業の提出書類をきちんと確認しましょう。

新卒者が必ず提出が必要な書類とは?

内定が決まった場合に提出する書類で必ず提出が必要なものは、まずは内定承諾書です。
この内定承諾書は企業の内定を受け入れる意志を表すものですから、これを提出しないと内定が確定したことにならないわけです。
そのため提出書類の中でも最も重要なものだといえます。

●内定承諾書と卒業証書は提出必須!!

次に卒業したことを証明する卒業証書も提出が必要となります。
これは内定の条件に卒業した場合内定を認めるという記載がある場合には必ず提出が必要となるものです。
卒業証書、もしくは卒業したことを証明できる書類が用意できない場合には、内定破棄となる場合もありますので必ず用意をしましょう。

持っている場合に提出が必要な書類とは??

内定が決まった場合に提出する書類の中で、持っているのであれば提出する必要がある書類というものもあります。
これは履歴書などに資格や免許の保有を記載した場合に提出が求められるもので、資格を証明する資格証明書や運転免許証の提出が内定後に必要となる場合があります。

●履歴書に記載した資格を証明する書類が必要!

これは履歴書に記載した内容が本当かどうかを確かめる意味も含まれていますので、提出が求められた場合には必ず提出しなければいけない書類だといえます。
そのため資格証明書などが準備できない場合には、履歴書に記載する時点でよく考えておく必要があるといえます。

内定後に提出する書類は企業によって様々!不安な場合は必ず企業側に確認すること

内定後に提出が必要な書類で、企業によっては提出が必要な書類もあります。
まずは身元保証書と呼ばれる書類です。
これは内定が決まった内定者の身元を保証する書類で、内定者が未成年の場合によく提出を求められる書類です。
大学卒業の場合にはすでに成人していますが、高校卒業の新卒者の場合まだ未成年ですので、身元保証書を提出する必要性が出てきます。

それと健康診断書の提出も企業によっては必須の場合があり、健康な状態であるかどうかを確認するために提出が求められます。
病気のまま入社されても仕事が出来ないですから、この書類の提出も当然かもしれません。
このように提出する書類は非常に多いですし、企業によっても異なりますので、提出書類をしっかりと把握して漏れの無いように提出を行ないましょう。
不安な場合は必ず企業側に連絡を入れて確認すること!