内定後に面談を行う企業の意図について | 新卒就活.com

2015/11/05更新

内定後に面談を行う企業の意図について

内定後に面談を行う企業の意図についてご紹介します。
就活の長い期間の苦労の結果たどり着くのが内定決定でありますが、最近は内定後において更に面談が行われることがあります。
そして、これが基本的には就活の最終章であるかのように言われることがあります。

内定後に面談を行う理由とは?

connect-20333_640
内定後、更に面談を行う企業が増えています。
面接ではなくて面談なのですが、素朴に何の為に行うの?という疑問がわいてきますね。
企業と就活生の最終の意思の確認が終わった後で、更に面談をするのです。
就活生にすると、やっと来年の働き口が決まったし、残りの学生生活をエンジョイしたいのにまだするか……?という気持ちにも成
なりかねないイベントでもあります。

~内定者の入社意思決定をより強固にするため!~

そもそも内定後面談はなぜ行うのか?それはとにもかくにも、内定者の入社意思決定を固めるために行われます。
採用活動に対して企業側は人事部、総務部の要員をフル稼働させて当たっています。
多くの人件費と外注費用もかなりつぎ込まれていて、内定辞退者が出ることはそれらの経費がすべて無駄金になってしまうのです。
それを少しでも減らすために、内定後の面談がもたれるようになってきています。

内定後の面談おこなう目的とは?

内定後に内定者との面談を行い、彼らの不安を解消したりや企業の内情を見せることで、内定者がその企業だけを見るように働きかけます。
すべての就活生は数十の会社の就職試験を受けていますので、同時期に同種の企業から内定が出ることが良くあります。
その場合、先に内定の出ている企業に将来的な不安が見えるようなことがあると、たちまち内定辞退というようなことにもなってしまいます。
そういうことを払しょくする為に、内定後面談が持たれるのです。

~将来的な不安を抱かせないために行われる!~

それもかなりカジュアルな雰囲気の中で行われることが多いです。
だから私服で参加という触れ込みになっていますが、ジ—パンとTシャツという出で立ちで、内定の決まった会社の会議室に出かけることはやめておきましょう。
内定後面談には筆記用具と印鑑が必要になると思われます。

内定後面談における注意点について

内定後の面談は、企業側が内定者の好感度を上げるための場であります。
だから企業は色々と質問をすることを求めてきます。
だから、面接の時には確認できなかった待遇面や残業の有無等についても聞くことが可能です。
どんどん気になることは聞くべきだと思われます。
ただ自分の待遇のことばかりを聞くのは、あまり格好の良くないことではあります。

~後悔がないよう本音で質問することを心がけよう!~

例えば、入社してからの具体的な仕事内容のこととか、忙しいのは一年の間でいつごろか?とか企業の未来像とかを聞くようにすると良いでしょう。
そのまま、内定が出た企業に就職する人の場合は内定後の面談で入社後の自分のイメ—ジを服らが競ることが出来ますし、他の企業の内定待ちであるような状況の就活生の場合は方向を決めるための核心の質問をすることが出来る最後の機会ではあります。
ともかく内定後の面談は就活生の不安を解消できる最後の場なので、後悔がないよう本音で質問することを心がける方が良いでしょう。
多くの就活生の先輩たちも皆同じことを言っています。

内定後に行われる面談は内定者の不安を解消するもの!

エントリー、テスト、履歴書の事前テスト、複数回の面談を経て出された内定決定後に行われる面談があります。
いわゆる内定後の面談と言われています。
内定をもらった就活生の不安を取り除くための面談であり、企業側が就活生からの様々な質問に答えるように設定されています。
就活生の不安を早期に、しかも直接担当者が回答することで、内定後辞退の件数を少しでも少なくするのが企業側の狙いではあります。