内定承諾後に辞退する際のマナーについて | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定承諾後に辞退する際のマナーについて

内定承諾後に辞退を申し出る際のマナーについてご紹介します。
内定承諾後に他社から、しかも志望度が高い方から内定を貰ってしまった。
こんなケースに遭遇した就活生の方もいるのでは?
辞退する際にはきちんとしたマナーがあります。そのマナーさえ守ればなんの問題もないので、ぜひ覚えておきましょう。

内定承諾後に辞退する際のマナー1,決意したら即連絡を!

06-55-20-299_640
内定承諾後に内定辞退をしようと思ったら、まずはいち早く電話してそれを伝える必要があります。
ここでメールなどで連絡するのはすごく失礼になり、スムーズに辞退できない可能性も出てきますので、そうならないように、必ず電話で報告するようにしてください。

~理由は聞かれた場合のみ答える!ポジティブな内容がベスト!!~

電話では詳しく理由をこちらから述べる必要はありませんが、もし聞かれたらその際にはポジティブな理由を説明しましょう。
その会社のよくない噂を聞いたですとか、業績が不安定なのが気になったとかのネガティブな理由ですと、あの手この手で説得を試みられて面倒になることも多いです。
ですからそうならないように、内定承諾後の辞退の理由は、他にどうしてもやりたいことができたなどの理由にしておきましょう。

内定承諾後に辞退する際のマナー2,来社を求められたら従う

内定承諾後の辞退を伝える電話した際に、もしそのままスムーズに話が進めばこのステップは無視しても構いませんが、まれに来社を求められることがあります。
行っても意味がないので出来れば行きたくはないでしょうが、そういう時には素直に相手の求めに応じて会社に訪問しましょう。

~謝罪しながらも内定辞退する強い意思を主張すること!~

そこでは色々と説得があったりしますが、強い意思で、もう内定辞退をすることは決めているということを説明してください。
ちょっとでも迷うそぶりを見せると、そこから説得が長々と続くので、そうならないように、もし会社に赴いたら、内定承諾後の辞退についてひたすらお詫びして、もう辞退する気持ちが決まっていることをアピールしていってください。

内定承諾後に辞退する際のマナー3,謝罪の手紙を書く

内定承諾後の辞退の場合、その後で内定承諾後に辞退して申し訳なく思っているということを改めて書面で説明するのがマナーとなっています。
ですから、電話で話がスムーズに済んだあと、もしくは会社へ訪問して色々と説明した後には、謝罪の手紙を書くようにしてください。

~内定辞退の報告後になるべく早く送ること~

その手紙には、内定をもらって嬉しく思った旨と、こんな形で辞退して申し訳なく思う旨、それでも新しい道で頑張りたいと思っている旨、これからの貴社のますますのご発展を…という締めの言葉を記載すればよいでしょう。
この手紙も、内定辞退の報告後になるべく早くだすようにしましょう。忘れたころに送ってこられても逆に迷惑なだけですから。

内定承諾後に辞退する際は最低でも入社2週間前までには申し出ること!

以上、内定承諾後に辞退を申し出る際の正しいやり方のご紹介でした。
このように正しいやり方で辞退をするのであれな内定承諾後に辞退をするのも別段問題なくすむことでしょう。
電話するのがすごく遅くなったりするとトラブルの元ですので、とにかくなるべく早く伝えるということが大切だというのは覚えておいてください。

具体的には最低でも入社2週間前までには伝えるようにしてください。
そこまでは法律的に問題ありませんが、そこから先は法律的に厳しくなってきます。
ですから内定承諾後に内定辞退を伝えようと思ったら、これらのやり方で、どれだけ遅くても2週間前までに伝えるようにしてください。