内定承諾書に同封するお礼状の書き方について | 新卒就活.com

2016/09/01更新

内定承諾書に同封するお礼状の書き方について

内定承諾書を提出する際に同封するお礼状の書き方についてご紹介します。
内定承諾書は内定式でサインする場合もありますが、郵送されてくるケースも多いです。
郵送されてきた場合、内定承諾書を企業に送り返さなければなりませんが、その時にお礼状を添えるのがビジネスマナーとなっています。

お礼状の書き方1,宛名と署名を記し感想を述べる

letter-700386_640

内定承諾書に同封するべきお礼状の文面には、まず宛名と署名を記します。
左に「株式会社○○採用担当○○様」、右に「住所 電話番号 ○○大学○○学部○○学科○○」と記載し、それから拝啓という言葉ともに、内定をもらえてうれしい気持ちを記していきましょう。

~内定通知を受け取った際の感情を交えると尚良い~

「拝啓 この度は内定のご連絡を頂きまして誠にありがとうございました。連絡を頂いた時には今までの選考活動でお会いした貴社の皆様の顔を思い出し、これから一緒に働けるのだと、とてもうれしく思いました。」のようにその時の感情を詳しく描写を書けると尚良いです。

あまりここが長すぎても良くないですが、ある程度詳しく述べると事務的な感じがなくなり、内定承諾書に同封するお礼状の効果がより高くなるでしょう。

お礼状の書き方2,入社後の抱負を述べる

内定承諾書に同封するお礼状では、次にその会社でのこれからの抱負を述べてください。
そこでどんなことがしていきたいかということを記載すると、しっかりと熱意が伝わり印象が良くなることでしょう。
「これから入社までの期間でwordやexcelのスキルをさらに高めて、いち早く戦力となり皆に頼られる存在になっていきたいと思っています。」というように、これからの過ごし方をからめつつ抱負をアピールとすると伝わりやすくなります。

~入社までの過ごし方を絡めつつ抱負を述べると良い~

口だけで言われてもいまいち本当かどうかわかりませんが、これからこう過ごすというように記載されると信憑性が出てきますよね。
ですから、内定承諾書に同封するお礼状に記載する抱負は、そのようにこれからの過ごし方と絡めて書くようにするのがオススメです。

お礼状の書き方3,内容物を記載する

内定承諾書に同封するお礼状にあと書くべきことは、この封筒には内定承諾書が入っていますよ。
ということを改めて記載することです。
お礼状の中でこれからの豊富を述べたら、「内定承諾書を同封させて頂きましたので、ご査収の程よろしくお願い致します。」ときちんと伝えましょう。
そしてその後で「未必ながらこれからの貴社のご発展をお祈り申し上げます。」という締めの言葉を入れてください。

~締めの後にお礼状と同封されている書類の内容の証明すること~

先に締めておいて、その下の列の真ん中に「記」という言葉を入れ「内定承諾書1部」「以上」と記載してください。
それを書くことによってこのお礼状と同封されている書類の内容の証明となります。
それがないと他にも何か入っているのでは?と思われてしまうので、必ずこれらの言葉は記載するようにしていきましょう。

内定承諾書にお礼状を添えることで入社後に働きやすい環境を作れる!

内定承諾書に同封するお礼状は、必ず書くべきということではありませんが、ただ事務的に内定承諾書だけ送るよりは確実に印象は良くなることでしょう。それでいてこうして正しく丁寧な書き方をしていけば、印象はますますよくなり、入社する前から働きやすい環境を作ることもできるでしょう。
どうせなら誰だって自分の印象が良い環境で働きたいものですよね。

もしそう思うのであれば、これらのことを参考にしっかり内定承諾書にはお礼状を同封するようにしていきましょう。
こうしたちょっとした心遣いが重要なのが社会人でもありますから、社会人になるための練習だと思って、是非同封してみてください。