内定承諾書に必要な保証人について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

内定承諾書に必要な保証人について

内定承諾書に必要な保証人についてご存知でしょうか?
内定承諾書には必ずといってもいいほど、保証人の名前の記入が求められます。
保証人とはいったどういった役割を担うのか、どういった人が保証人として認められるのかここで学んでおきましょう。
適当に書いてしまうのは絶対にNGです。

内定承諾書に記載する保証人とは??

travel-933171_640
内定承諾書が送られてきた時、必要な部分を記載して期日までに返すこととなります。
内定を承諾して、採用されることを確約するために送ることとなりますが、この時保証人を記載するように求められることがあります。

~問題が起こった際は一緒に責任を負うのが保証人~

この保証人は、今後仕事をする際には一切の損失を与えないことを証明し、問題を起こした際は一緒に責任を負わなければなりません。
内定承諾書には承諾することを保証して、更に責任を負うことも同意しなければなりません。
従って保証人の名前を記載しなければなりませんが、この名前は1人だけでは駄目な場合も多くなっています。

保証人として2人の名前が必要となる場合も

企業によっては内定承諾書に2名以上の保証人を要求する場合もあります。
記載した名前の方は、その人が企業に対して損害を与えれば一緒に責任を取ることとなり、記載することはリスクを背負うこととなります。

~保証人の数が足りない場合は承諾書が無効となる可能性も~

しかし内定承諾書を出すためには、何としても必要な人数は記載しなければなりません。
保証人の人数が足りない場合、内定承諾書の条件を達成していると判断されないために、この承諾書が無効となってしまう場合もあります。
必ず決められた内容に沿って記載することと、保証人の数を集めておかなければなりません。

基本的に保証人は両親に頼む

保証人として内定承諾書に記載したいという旨は、自分で相談しなければなりません。
ただ友人に保証人をお願いすることは絶対にしてはなりません。
内定承諾書に書かれても誰のことかわからず、企業側に問いただされることもあります。

~友人などに頼むのは絶対NG!両親か親戚に頼むこと~

一番は親族や両親にお願いする方法で、特に両親にお願いする方法が一番いいのです。
両親は自分を守ってくれる存在であり、責任を取らなければならないことに対して、企業側も信用できると考えてくれます。
また子供の要求に対して断ることはなかなかできないため、記載する保証人は両親の名前を書くこととなります。

内定承諾書の保証人は両親か親戚の名前を書くのが適切

内定承諾書には保証人を記載する部分が必ずと言っていいほどあります。
そしてこの欄に記載する人は、一緒に責任を負うことを承諾することにもなります。
内定承諾書に書かれた人は、内定を承諾する人が問題を起こせば、当然対応しなければならないのです。
この保証人は両親の名前を書くことが一般的とされていますが、駄目なら親族の方にお願いしてください。
両親か親族の名前を2名記載しておけば、企業側も保証人として扱ってくれることとなります。
間違っても第3者と呼ばれるような人にお願いすることは厳禁で、特に友人の名前を勝手に書いてはいけません。