内定承諾書への添え状の例文まとめ | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定承諾書への添え状の例文まとめ

内定承諾書への添え状の例文をまとめました。面接後に出すお礼状の例文をまとめました。内定後には必ず内定承諾書を出さなくてはなりません。添え状の例文を参考にして、相手に感謝の気持ちが伝わるような添え状を書きましょう。就活生には必見のページです。

内定承諾書の添え状とは?

fountain-pen-442066_640

まず内定承諾書とは企業から内々定をもらってた人が正式に内定を受け取るためにサインをする書類となっています。
そしてこの内定承諾書は基本的に郵送にて届き、サインをして返送する必要があります。
その承諾書を返送する際に合わせだす添え状は、お礼状のようなものです。

~企業で働く意気込みを書くのがベスト!!~

この書類は採用してくれたことのお礼と、企業で働く意気込みなどを書くのが一般的です。
この内定承諾書と添え状を返信するタイミングは、すぐに出すのがベストです。
翌日には投函できるようにその日のうちにサインをし添え状を書きましょう。

そこで今回は内定承諾書添え状例文をいくつかご紹介します。
次項からの内定承諾書添え状例文を参考にしてください。

内定承諾書の添え状例文1

以下に内定承諾書の添え状の例文をご紹介します。

「謹啓
時下皆様におきましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日はお忙しい中面接に時間を割いていただき、心より感謝したします。
またこのたびは、内定承諾書をご郵送いただきありがとうございます。さっそく捺印をし返送させていただきます。
承諾書の文面を読み、四月より貴社で働くという実感が増し身が引き締まる思いが致します。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
卒業までの間、学生生活の集大成ともいえる卒論に精を出し、充実した日々を送りたいと思っております。
この度はお礼を申し上げたく承諾書に添え状いたしました。
敬具」

次項でも内定承諾書添え状例文をご紹介します。

内定承諾書の添え状の例文2

magnifying-glass-633057_640

前項に引き続き、内定承諾書添え状例文をご紹介します。

「謹啓
余寒の侯、皆様はますますご清栄のことと心よりお喜び申し上げます。
先日はお忙しい中、私のためにお時間を割いていただき、まことに有難うございます。
さらにこの度は内定承諾書をご郵送いただき、ありがいとうございます。
ご郵送いただいたに内定承諾書にさっそく捺印をさせていただきましたが、
新社会人としてさらなる責任感と貴社で働く意欲が沸いてくるのを実感致しました。
至らぬ点が多いとは思いますが、初心を忘れるべからず日々精進してまいりますの、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
この度はお礼を申し上げたく、添え状致しました。
敬具」

以上が内定承諾書添え状例文になります。

内定承諾書の添え状を書くときの基本とは

2項にわたり内定承諾書添え状例文をご紹介しましたが、基本はまず頭語(謹啓)と結語(敬具)を必ず入れることです。

そして次にご清栄等の安否を尋ねる語句を入れます。

文のはじめにはまずお礼を述べましょう。

本分の中文では、今後の抱負や近況など思いつくことを書きましょう。
そして本分の結びを書きます。

これが添え状を書くときの基本となっています。
どうしても書くことが思いつかない場合は、例文をそのままコピーしてもよいでしょう。

内定承諾書への添え状は例文を参考にして文章を書くこと

いかがでしょうか?今回は内定承諾書添え状例文をいくつかご紹介しました。
社会人にもなると、添え状を出すことは日常茶飯事になります。
今の内にしっかりと基本をおさえて、新社会人としてのマナーを身につけましょう。