内定書の内容と取り扱い方について | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定書の内容と取り扱い方について

内定書の内容と取り扱い方についてご紹介します。
内定書とは、内定が決まった証明証のようなものです。
ですが、内定証を貰った=就職が決まったわけではありません。
後々困らないためにも、内定書の内容をきちんと理解する必要があります。
ぜひここで内定書について知っておきましょう。

内定書の内容について

handshake-526408_640

就職活動を行い、企業に採用された場合に届くのが内定書となります。
内定書は内定通知書とも呼ばれる内定を決定したことを伝えるための書類となっており、この内定書が届いた場合には企業が採用を仮決定したと言うことになります。

●内定書=採用する意思表示

その内容に関しては、内定が決定したと言う通知、いわゆる企業が採用する意思があると言う通知と、いつから採用を行うかという情報などが記載されていることとなります。
そのため内定書が届けば特に問題がなければ就職が決まったも同然と言えますが、内定書の内容次第ではその内定が流れてしまう可能性もあると言えます。

内定書の内容で注意すべきこと

内定書が届いたからといって100%就職が決まったと思うのは気が早すぎると言えます。
内定書には採用の意志があると言うこと、いつから採用するかということ以外にも、採用するための条件が記載されている場合があります。

●卒業できなければ内定取り消しになる!!

それが現在就学中の学校を卒業できた場合に採用を行うという条件です。
学生の場合、就職活動が終わったとしてもその学校を卒業することが出来なければ、内定をもらった企業への就職が出来ないわけですから、必ず学校を卒業することが義務となります。そのためもし仮に卒業できなかった場合には、内定書に記載されている条件を満たせなかったと言うことになるため、内定は取り消しになってしまいます。

内定書が来たら必ず返信する!

内定書は企業が採用の意志があるという通知書ですから、その時点では企業側の意志しか分かっていないことになります。
そのため内定書が届いた場合には必ずその内定書の内容に同意するか同意しないかの意思表示が必要となります。

返信しない=内定を辞退すると勘違いされる!!

これは内定書が届いた場合に必ず必要となるもので、決められた期限内に内定を承諾する意思表示を行わない場合、就職する意思が無いと見なされ内定取り消しになってしまいます。
企業によっては内定書を送付した後に内定式を執り行い、その場で内定を承諾する書類の提出を求められる場合もありますから、もし内定に対して承諾の意思が無いのであれば、出来るだけ早い段階で断りの連絡を入れる必要があるでしょう。

内定書を紛失した場合には早急に企業に連絡すること!

内定書は企業が採用の意志があることを伝えるための重要な書類と言えます。
そのため内定書が届いた場合には厳重に保管をして紛失などをしないように気を付ける必要があります。
しかし不注意で内定書を紛失してしまった場合にはどのような対処をすれば良いのでしょうか。

内定書を紛失してしまった場合、正直に紛失したことを企業側に伝えて出来るだけ早急に再発行を行って貰う必要があります。
何故なら内定書の返信期限がある場合、その期限内に承諾書を返信しなければいけないためです。
内定書を紛失しても内定辞退が取り消しになることは有りませんが、紛失したことを隠してそのままにしていると承諾書も返信できなくなりますから、結果的に内定が流れてしまうことにも繋がりますので、早急に再発行を依頼しましょう。