内定者の特徴を知ることで採用を勝ち取る方法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

内定者の特徴を知ることで採用を勝ち取る方法

内定者になりたい!というのは就活生の一

ここでは早期内定者に見られる特徴をご紹介します。
その特徴を知ることで「なぜ早期に内定を貰っているのか」納得できる内容となっています。
早期内定者の特徴を真似することでより良い就活になるよう、ぜひ参考にしてみてください。

内定者の特徴1,「なぜ」の自問自答を繰り返している

pen-427516_640
早い時期に内定が出た内定者の方は、
自分の回答などに対してひたすらに「なぜ」という自問自答を繰り返しているという特徴があります。
「なぜそう思ったのか」「なぜそれをしたのか」「なぜ」「なぜ」…とそうしてなぜを繰り返していくと、
面接で突っ込まれた時にも自然と回答できるようになりますし、
何故をくりかえしていくうちに自分自身の行動の軸のようなものが見えてきて、
いざ用意していない質問を投げかけられてもスムーズに答えることができるようになります。

●「なぜ」を繰り返して原因を追究し、次回への改善策を考える

また、「なぜ」を繰り返すというのは、回答に対してだけでなく面接などで落とされた際にも、
「なぜ落とされたのか」をしつこく考えていくということでもあります。
そうしてどんどん自己分析を進めていくと、おのずと早い時期に内定がでる内定者となれるのです。

内定者の特徴2,一次面接では企業分析をあまりしない

細かい企業分析というのはとても時間がかかるものですよね。
就活生の時間は無限にあるわけではありません。それどころかむしろ時間がないとすらいえますね。
ですからどの企業に対してもしっかり企業分析をしていると、どうしても面接での回答が不安になったり、筆記試験が甘くなったりしがちです。
早く内定が出る内定者は、一次面接時点ではあまり企業分析をせず、二次面接前からがっつり企業分析していくという特徴があります。

●効率よく時間を使えるよう工夫している

というのも一次面接ではあまり細かい企業分析が必要になる質問はされないものなのです。
それならば他の回答に時間をかけたり、他の企業の面接対策に時間をかけた方が良いですよね。
そうして効率よく時間を使えるようにするのも、早い時期に内定が出る内定者には欠かせないことだったのです。

内定者の特徴3,未来の話がきちんとできる

早い時期に内定がでるような内定者は、未来の話がきちんとできるという特徴もあります。
どんなタイミングの面接でもこれからの先に近い未来、1年後、3年後、5年後そこでどんなことをしているかという未来の話ができるととても魅力的な人材と思ってもらえるものです。

●将来の企業に対する貢献度をアピールすることがポイント

ですから、面接を受ける前に必ず未来の話を明確にしておきましょう。
早い時期に内定が出る内定者になりたいと思ったら、
近い将来そこでどんなことをしていて、どんなふうに貢献しているのか、
今の自分の強みや業界の将来性などから導き出して具体的に語れるようにまとめておいてください。

早期内定者の特徴を真似することで就活を成功へ導く!

いち早く内定が出る内定者になるためには、これらの事は欠かせません。
しっかりこれらのことを参考にして、早く内定が出る内定者になっていってください。
誰だって内定は早く出てほしいものですよね。

早めに内定を得て残り少ない学生生活を満喫するもよし、
アルバイトでもして社会人になるためのグッズを揃えるもよし、やってみたかったことにトライするもよしです。
早く内定を勝ち取ることができれば、楽しみはとても増えるというものです。
単純にツラい就活を長く続けたくないという方も多いと思います。長く続けなくて済むように、早期内定者の特徴是非参考にしてみてください。