内定者アンケートを有効に活用する方法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

内定者アンケートを有効に活用する方法

内定者アンケートを有効に活用する方法についてご紹介します。
企業によっては内定後に「内定者アンケート」を書かせる場合があります。
その内定者アンケートは企業にとっても重要な情報ですが、就活生にとっても利用価値のある貴重な情報には変わりありません。
では、内定者アンケートの活用方法をみていきましょう。

内定者アンケートとは??

cc-library010008432
企業が内定者を対象に実施するものの中に内定者アンケートと呼ばれるアンケートがあります。
この内定者アンケートは翌年の採用計画を練るために企業が必ず実施しているものです。

●企業が就活生の動向を把握するために行われる!

どういった経緯で企業を選んだのかといった経緯に関する質問や、就活前ぽ案に対する質問、例えば何社くらいにエントリーしたか、合同説明会やインターンシップへの参加はしたかといった質問で構成されています。
企業に入社しよう思った決め手は何か、入社後の目標は何かといった質問もあり、毎年アンケートを実施することで就活生の動向を把握することが可能になるわけです。

内定者アンケートの活用方法1,志望動機に利用する

内定者アンケートは企業が翌年の採用計画のために行うアンケートですが、内定者アンケートを公開している企業も沢山あります。
この公開された内定者アンケートを見ることにより、今から就活を行う就活生はその企業がどのような企業なのか、どういった人がエントリーしていたのかといった情報を得ることが可能になります。

●内定者アンケートは就活生にとっても貴重な情報源!

そのため内定者アンケートは企業のためだけでなく、就活生にとっても非常に重要な情報源となり得るものだと言えるわけです。
特にどうしてその企業を選んだのか、決め手は何なのかといった内定者の答えは、今から就活を行う人にとっても重要な動機となり得るものだと言えるでしょう。

内定者アンケートの活用方法2,求める人物像を知る

内定者アンケートは企業が採用計画のために行うアンケートですが、その内定者アンケートの結果内容を見ていくとその企業の採用基準や採用されやすい傾向というものが浮き彫りになってきます。
内定者アンケートはその企業に内定が決まった人に対して行うアンケートですから、答えている人は全て内定を貰った人ばかりということになるわけです。

●企業の採用基準や採用される傾向を知ることが可能!

そのため、内容をしっかりと精査して分析していくと、どういった人が採用されやすいのかということが分かってくると言えます。
逆に言えば採用されにくい人の傾向も分かるわけですから、対策を立てやすくなるとも言えるでしょう。

内定者アンケートの内容すべてを鵜呑みにしないこと!

内定者アンケートの結果を見る場合、その内定者アンケートの裏も読む必要があります。
企業が公開している内定者アンケートの結果には、もちろん自社の悪い所やそういった類の結果は公開していないと言えますし、内定者の動機や企業を選んだ決め手なども、良いものばかりが並ぶ場合がほとんどです。

もちろん内定者が良いことしか書いていないと言うことも考えられますが、全く問題の無い企業ということはありえませんから、アンケートの結果からその企業の弱い所なども読み解く必要もあります。
就活するにあたり内定者アンケートを活用することは非常に良いことですが、全ての内容を鵜呑みにせずに正しい情報のみを参考に出来るようにしましょう。