内定者座談会について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/09/13更新

内定者座談会について知っておくべきこと

内定者座談会について知っておくべきことについてご紹介します。
内定者座談会とは内定式後に行われたり、別日に催されたり、企業によって違いがあります。
ですが内定者座談会を行う企業側の目的は同じです。
企業側の意図を知ることで、内定者座談会に参加する心構えができます。

内定者座談会を開催する目的とは?

PAK93_shibuyasukuranble20130615-thumb-815xauto-17209
企業から内定をもらってしばらくすると、高い確率で内定者座談会参加への連絡がきます。
内定者座談会は内定者同士の交流を深めるためと考えるのが妥当かもしれませんが、実際の目的は別にあります。
それは企業が内定者を囲う目的で開催されるということです。

~内定者を囲うのが目的!同期意識を植え付け企業の一員という自覚をさせる!~

企業は採用活動に多額の資金と手間を投じています。
これらはいわば内定者への投資と考えてもいいでしょう。
そして内定辞退者が出た場合、その投資を無駄にしたと考えられます。
そのため出来るだけ内定辞退者を出さないためにも内定者座談会を開き同期意識を植え付け、企業のイベントに参加させることにより企業の一員である意識を強めているのです。

内定者座談会の出欠席について

単刀直入に言うと内定者座談会への参加は強制ではなく、参加しなかったからといって内定が取り消されるようなことはありまえん。
しかし内定者座談会は数少ない入社までの企業との接点です。

~よほどの理由がない限りは参加するべし!~

内定者座談会はいわば内定者同士と企業との打ち解けの場なので、これに参加しないと他の同期から大きく出遅れてしまいます。
特に集団意識の強い日本の企業では参加しないと目を付けられるということは大いにありえるので、余程のことがない限り参加をおすすめします。
第一志望の企業でなくとも企業や同期の雰囲気をつかむきっかけになるので極力参加しましょう。

内定者座談会に参加する心構えとは?

内定者座談会へ参加するにあらり心に留めておいてほしいのが、とにかく無理にアピールしないということです。
内定後の企業との内定者同士の対面は内定式で済ませているでしょうが、形式ばった場であることには変わりありません。
内定者座談会が初の顔合わせと言ってもいいでしょう。(内定式と座談会を兼ねている場合は別)

~過剰なアピールは控えること!~

そんな初の顔合わせの場では無理にうけを狙ったり過剰なアピールをするのはやめましょう。
よく自己紹介で自分をアピールしようと冗談を言ったりギャグを披露する人がいますが、かなり高い確率で場をしらけさせることになります。
自然体で参加することが内定者座談会の心構えです。

内定者座談会を欠席する場合は必ず電話で連絡をすること!

内定者座談会に都合により参加できなという場合もあると思いますが、そのときはメールだけで連絡を済まさずまずは電話で不参加の旨を伝えましょう。

連絡の際は参加できない理由を具体的に述べ、電話を切ったあとはお詫びのメールを入れましょう。
そこまでやる必要はないのでは?と思うかもしれませんがしっかりと誠意を伝えるためです。

さらに内定者座談会に参加した後は必ずお礼状を出してください。
社会人にとって、お世話になったことに対してお礼状を出すのは基本なため、お礼状を出して基本ができていることをしっかりとアピールしましょう。