内定者懇親会における質問内容について | 新卒就活.com

2016/09/20更新

内定者懇親会における質問内容について

内定者懇親会における質問内容についてご紹介します。
内定者懇親会とはどういうところなのでしょうか。
色々考えただけで緊張してしまいますが、内定者懇親会は名前の通り内定者の親睦を深めるための会です。
また入社するまでに企業へ質問できる機会でもあるので、質問内容なども考えてリラックスして行きましょう。

内定者懇親会での質問内容の重要性とは

banquet-453799_640
内定者懇親会といっても、内定者だけで行われるわけではありません。もちろん企業側の担当者もいることでしょう。
人事担当やこの先配属されるであろう営業部や総務部などの担当者もいるかもしれません。
この内定者懇親会は、内定者同士の懇親会でもありますが、内定者の不安や疑問を解決して、不安のない気持ちで入社まで迎えてもらいたいという狙いもあります。

~内定者懇親会は先輩社員に悩みを相談できるチャンス!~

そのために、内定者懇親会で職種別にグループになって座り、そこへ企業の先輩社員や若手社員がそれぞれ担当としてグループにつく場合もあります。
そして内定者の質問にざっくばらんに答えるのです。
ここはフランクに話せる場合が多いです。企業は決まったのはいいですが、いざ入社となると色々な不安が頭をよぎります。
その不安を何年か前に先輩社員は経験しているため、その体験を教えてくれる場でもあるのです。ですから、あらかじめ質問内容は用意しておき、積極的に
聞きましょう。

~質問内容に入社に対する不安や疑問を盛り込もう!~

反対に質問がないかふられた時に、何もありでませんだと、不審に思われます。
企業としては、そんなに完璧に準備をしているのか、それともこの企業に興味がないのか、辞退するつもりなのかと変に疑ってしまいます。
「転勤の可能性はありますか?」「同じ勤務地に何年くらいいることができますか?」「福利厚生をもっと詳しく教えてください」など、単純に自分が知りたことや不安に思っていることをぶつけてみましょう。
誰でも疑問はあります。無い方がおかしいのです。
家で質問内容をメモに書き留めておき、内定者懇親会で思い切って聞きましょう。
ほかの内定者が質問することも、おそらく参考になる質問も多いと思うのでしっかりメモにとっておきましょう。

内定者懇親会に参加するメリットについて

内定者懇親会ではメリットがたくさんある内定者懇親会では、沢山のメリットがあります。
内定者同士の親睦を深めるためや先輩社員からの参考意見がもらえる、入社するにあたっての不安や疑問を聞くことができる等です。
ここで、もしかしたら採用担当の人も見ているかもしれません。
どういう部署に配属するのが適正か向き不向きを判断しているかもしれません。
しかし、だいたいが内定するまでにおおよその段階で振り分けをされているか、3月くらいに他の人事異動と一緒に調整されるかもしれないので一概には言えません。

~~先輩社員から生の体験談を聞くことができる!~

主には内定者のための会なので、あまり気負わず緊張せずにのぞみましょう。
そして、みんなの前で自分の質問内容を発言するのが恥ずかしければ、内定者懇親会が終わっても、個別に質問がある人は時間をとってくれる企業も多いです。
遠慮せずに質問しましょう。
先輩社員によっては、一般論ではなく、自分の体験談やこうやっておいた方がイイとちょっとしたアドバイスがもらえるかもしれません。

内定者懇親会での質問内容は入社に対する不安を盛り込んで悩みを解消しよう!

内定者懇親会では、内定者同士や先輩社員と交流を持てる場です。大いに利用して不安なく入社までの日を迎えましょう。
企業側も内定者からの様々な質問内容の答えを用意して待っています。
少しでも不安を取り除いてあげようという場なのです。企業によってはテーブルにお菓子が並び、談笑しながらという雰囲気もつくっているところもあります。
質問内容も参考にし、ここで得た情報を活用して、入社までにしっかりと準備してください!