内定者懇親会の出欠席に関するマナー | 新卒就活.com

2016/08/31更新

内定者懇親会の出欠席に関するマナー

内定者懇親会の出欠席に関する問題についてご紹介します。
内定者懇親会は企業が主催となって開く内定者の歓迎会に近いものです。
ですがこの内定者懇親会、出席するか否か迷うイベントです。
特に決められていなくても、出席するのが当然という暗黙のルールがあったりと判断するのが非常に難しいのです。

内定者懇親会は必ず出席するべき??

grinding-693598_640

内定が決まった場合、内定者懇親会への参加を呼び掛けられることになります。
この内定者懇親会とは内定者同士の結びつきを強める狙いと、企業との対面により内定したと言うことを強く認識させ、内定辞退し難い状態を作り出す意味合いもあると言われています。

●理由があれば欠席しても問題はない!

しかし自分の第一志望ではない企業の内定者懇親会にはどうも出席し難い、どうしても外せない用事があるため欠席せざる負えないと言うことも時にはあると思います。
そんな場合には内定者懇親会は欠席しても特に問題ないと言えます。
内定者懇親会はあくまでもレクリエーションのようなものですので、すでに内定が決まっている場合には欠席しても内定取り消しなどにはなることはありません。

内定者懇親会の出席が必須となっている場合

内定者懇親会を欠席しても内定が取り消されると言うことはまずありません。
これは内定=雇用契約という扱いになるため、内定者懇親会を欠席したくらいでは契約の取り消しは出来ないためです。

●欠席は控えた方が安心!!

しかし内定者懇親会への参加が必須となっていた場合には、内定取り消しにはなりませんが欠席は控えて参加をしたほうが良いでしょう。
参加必須となっている場合、内定者懇親会で重要な話をしたり社長などの役員の参加がある可能性もありますので、その場合は欠席してしまうとやはり印象が良くありませんから、よほどのことが無い限り出席するほうが波風が立たないためよいといえます。

内定者懇親会を欠席する際のマナー

内定者懇親会にどうしても参加できない場合は、欠席することを事前に企業側へ伝えておく必要があります。
もし無断で欠席してしまうと企業からの厳しい目にさらされることにもなりますし、何より黙って内定者懇親会を欠席するというルール違反は、これから社会人となる人間としてマナーがなってないと判断されてしまいます。

電話やメールで丁寧にお断りするのがマナー

そのため必ず電話やメールで欠席の旨を伝えておく必要があります。
もちろん伝える場合には丁寧に断ることがマナーだと言えますので、ぶっきらぼうな感じで欠席しますではなく、何故出席できないのかという理由や欠席に対する謝罪の言葉を添えることが必要だと言えます。

内定者懇親会は理由がなければ欠席は控えるべき!!

内定者懇親会を欠席することで、あとあとその企業に就職し辛いという状況になる場合もあります。
特に第一志望ではないから欠席や、特に理由もないのに内定者懇親会 を欠席した場合、第一志望に受からなかった場合は内定をくれている企業への就職も考える必要が出てきますので、後になって内定者懇親会に出席しておけばよかったという後悔をすることも考えられます。

そのため学業が忙しいとか病気で出席できないといった止む負えない理由が無い場合は、出来るだけ内定者懇親会に出席して内定者や企業とのコミュニケーションを図っておくほうが良いと言えるでしょう。